雅子さま ご実家バリアフリー改築でわかった実父の介護問題

雅子さま ご実家バリアフリー改築でわかった実父の介護問題

来年4月末のご退位後、天皇皇后両陛下が引っ越される予定となっている、東京都港区の高輪皇族邸。その近所にすむ主婦が声を弾ませる。

「最近、塀の向こうからトントンという音がするようになりました。ついに工事が始まったようです。両陛下がこちらにお引っ越しされると聞いて、今から楽しみです」

本格的な工事は7月中旬に開始され、来年3月までに改修が終わる予定だ。一方、雅子さまのご実家の小和田家でも、密かにリフォーム工事が始まっているという。

父親である小和田恒さん(85)は、’03年から務めた国際司法裁判所の判事を今年6月に退任。妻の優美子さん(80)とともに15年間暮らしたオランダを離れ、帰国したばかり。7月に入って、小和田邸に出入りするトラックが目撃されている。帰国早々に工事が始まったようだ。小和田邸に入ったことがあるという知人が語る。

「小和田さんのお宅は階段は急ですし、フローリングの床も滑りやすいです。お元気な小和田(ご)夫妻も、足腰が弱くなってきています。築30年以上で老朽化も進んでいますので、高齢となったご夫婦が安全に住めるように改築するようです」

いずれも80歳以上の両陛下と小和田夫妻。否応なく体力も低下してくる年齢のため、住まいの準備は万全に整えているようだ。そんな折、7月2日に、陛下が脳貧血をもよおされ、3日間、ご公務を休まれた。

雅子さまの父親・恒さんは陛下よりもさらに1歳年上だ。’08年には一部週刊誌が、軽い脳梗塞で倒れていたと報じた。’09年と’10年には、2年連続でバイパス手術を受けるために入院していて、体調に不安を抱えている。雅子さまは、もし恒さんが病に伏すようなことがあれば、すぐにでも駆けつけたいはず――。そう語るのは皇室ジャーナリスト。

...続きを読む

あわせて読みたい

女性自身の記事をもっと見る 2018年7月13日のライフスタイル記事
「雅子さま ご実家バリアフリー改築でわかった実父の介護問題」の みんなの反応 20
  • 匿名さん 通報

    そんなに親父さんの介護がしたいんだったら皇太子と別れればいいじゃん。御用記者にこんな記事書かせてバカじゃねーの。

    40
  • 匿名さん 通報

    「あの年までこき使う政治家が異常だろう」…小和田さんは自分の意志であの地位にしがみついてんだよ。引退して日本に戻るのは自分の思惑どおり娘が皇后になるから。

    25
  • 匿名さん 通報

    雅子様、皇后になったらぜひ水俣に行幸をお願いしますね。お父様の介護の問題はその後で考えましょう。

    17
  • 匿名さん 通報

    雅子様の母方の祖父がチッソの元社長なんでしょ?道義的責任はあるのでは?

    14
  • 匿名さん 通報

    一般家庭でも介護はたいへんです。費用はかかりますが施設にお入りになり、時々お見舞いに行く程度が一番です。

    10
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。