忍たま原作者語る連載終了の裏 脳梗塞で「線1本すら描けない」

記事まとめ

  • 忍たま乱太郎の原作「落第忍者乱太郎」は65巻で完結。
  • 作者・尼子騒兵衛さんを病魔が襲い、脳梗塞となった。
  • 「線1本すら描けなかった」と当時を振り返っている。

忍たま原作者語る連載終了の裏「脳梗塞で線1本描けなくて」

忍たま原作者語る連載終了の裏「脳梗塞で線1本描けなくて」

「悲観しても仕方がないし、もともと能天気な性格。普通は暗い話になるかもしれませんが、私にとって、倒れた後は自分の人生が新しい展開に入っただけなんです」

そう語るのは『落第忍者乱太郎』の作者である漫画家の尼子騒兵衛さん(61)。

「忍者学園」を舞台に、一流忍者を目指す忍たま(忍者のたまご)の乱太郎、きり丸、しんべヱが中心となって繰り広げられるギャグ漫画『落第忍者乱太郎』は、’86年に「朝日小学生新聞」で連載が始まり、’93年からはNHKで『忍たま乱太郎』としてアニメ化もされている国民的な人気漫画だ。

ところが昨年11月、コミックスが65巻で急に完結。33年間続いた朝日小学生新聞の連載も終了した。尼子さんを病魔が襲ったのだ。尼子さんが当時を振り返るーー。

「昨年1月12日の朝5時ぐらい、トイレに行きたくて、起き上がろうとしたら体が動かなくて。あれ? と思って、また立ち上がろうとしてもバタッと倒れてしまう。これはマズいと近所に住む姉に救急車を呼んでもらいました」(尼子さん・以下同)

彼女を襲ったのは脳梗塞。脳の血管が詰まってしまう病気で、処置が遅いと命を落とすことも少なくない。30代から子宮筋腫や乳がん、脳動脈狭窄などの大病を患ってきた尼子さんでも、発症したときは「これで人生が終わった」と思ったという。

「右半身がほとんど動かなかったんです。やっちゃったな、と思いましたね。40年近く、床に座って仕事をして、疲れたらそのままゴロンと転がり、タオルケットを1枚かぶって寝るという生活を続けてきたので、60歳を過ぎて、そのツケが爆発しちゃったんでしょう。それでも救急車で運ばれているときは意識もあって話すこともできました。救急隊の問いに姉と同時に答え、『一緒にしゃべらない!』と怒られるぐらい(笑)」


あわせて読みたい

女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月1日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。