田口淳之介 小嶺麗奈と“復縁”していた!格安1LDKで再出発の同棲再開
拡大する(全1枚)

「#日本プロ麻雀協会 21期前期生として、本日正規合格を頂きました! これからは、プロ雀士としてもお仕事させて頂きます ぜひ一緒に麻雀しましょうね 晴れの日に良い報告が出来て嬉しいです」

5日、Twitterでこうつづったのは元KAT-TUN田口淳之介(36)。プロ雀士の仲間入りを果たしたのだ。

’16年3月末にジャニーズ事務所を退所し、個人事務所を立ち上げて裸一貫で再出発を果たした田口だが、19年5月に大麻取締法違反容疑で逮捕されることに。

同年10月に懲役6カ月・執行猶予2年の判決を受けて以降、再起に励む田口を支えてきたのが、同じ罪で逮捕された恋人の小嶺麗奈(41)だ。

「田口さんは’07年ごろから小嶺さんと交際し、9年ほど前には都内にある家賃20万円ほどのマンションで同棲も開始しました。逮捕後、『彼女に唆されたことはない』と一貫して小嶺さんをかばい続け、公判中に“結婚したい”と公開プロポーズをしたことも。判決後は、音楽活動だけでなくゲーム実況にも挑戦してきた田口さんを小嶺さんはサポートしていたといいます」(田口の知人)

’19年11月に本誌のインタビューにも「もう書類(婚姻届)を出すだけの問題です」と“結婚秒読み”をほのめかしていた田口。

しかし、昨年6月に“まさかの報道”が飛び出した。

「一部週刊誌で、田口さんと大げんかした小嶺さんが同棲先を飛び出し、熊本の実家に戻ったと報じられました。原因はファンが離れることを恐れ、結婚に踏み切らない田口さんに小嶺さんが業を煮やしたとされています」(前出・芸能関係者)