『鎌倉殿』出演者ギャラランキング 小栗はまさかの3位、1位は?
拡大する(全1枚)

小栗旬(39)が源頼朝を支える主役・北条義時役を演じる今回の大河ドラマ。民放では主演のギャラが最も高いのが一般的だが、NHKには独自のギャラ相場が。

「現在の人気や実力で出演料が決められる民放ドラマとは異なり、NHKの出演料は主にキャリアとNHKへのこれまでの貢献度で定められており、ランク分けされているのです」(制作関係者)

源義経を演じる菅田将暉(29)の登場により視聴率も上昇中のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』。出演俳優たちの意外な“ギャラ事情”について、次のように続ける。

「もともとNHKの出演料は民放と比較して2~3割低いです。民放のゴールデン、プライム帯のドラマ主演なら1話につき100万円以上となりますが、NHKでは日曜20時の大河ドラマでもその半分以下ということもあります。人気以上に過去の実績が重視されるので、主演より出演料の高い脇役がいることも珍しくありません」(前出・制作関係者)

主要キャストの今作のギャラに関して、複数の関係者からの証言をもとに調査すると、トップに輝いたのは、後白河法皇役の怪演が話題の西田敏行(74)の70万円(1話あたり)だった。NHK関係者は、西田の“絶大な貢献度”をこう語る。

「西田さんは、今作含め13作もの大河ドラマに出演。『翔ぶが如く』『八代将軍吉宗』『葵 徳川三代』では3度の主演を果たし、『西郷どん』でも語りを務めました。そのほかにも連続テレビ小説『瞳』やドラマ『ジイジ~孫といた夏~』『坂の上の雲』など、NHKドラマへの出演歴は多数あります。