渡航警戒レベル、日本は据え置き 対策本部「感染拡大の速度に差」/台湾

渡航警戒レベル、日本は据え置き 対策本部「感染拡大の速度に差」/台湾
中央感染症指揮センターの陳時中指揮官
(台北中央社)中央感染症指揮センターは25日、新型コロナウイルスの感染リスクが高い国・地域に出す「感染症渡航情報」で、韓国を3段階で最も高い「レベル3」に引き上げた一方、日本を「レベル2」に据え置いたことについて、「両国の感染者数には開きがあり、感染拡大の速度にも差があるため」だと理由を説明した。

指揮官を務める陳時中衛生福利部長(保健相)は、「日本で新たに確認される感染者数が1日当たり約1桁台にとどまっているのに対し、韓国は3桁台になっている」とし、「その差は疑う余地がない」と述べた。

レベル3に指定された国・地域は、渡航自粛勧告の対象となる。レベル2の場合は、「現地での予防措置強化の要請」にとどまる。

(張茗喧/編集:名切千絵)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月25日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。