蓋をした瓶の中で40年以上。青々とした葉を保ちながら生き続けているツユクサのテラリウム

蓋をした瓶の中で40年以上。青々とした葉を保ちながら生き続けているツユクサのテラリウム


 テラリウムとは、陸地の生物圏を再現するため、主にガラスの容器で植物や小動物などの陸上生物を栽培・飼育するものだ。

 近年はインテリアとしても人気のテラリウムは多様なスタイルがあるが、イギリスの男性が水もやらず栓をしたまま40年以上維持しているツユクサのテラリウムが話題になっている。

 見事なバランスで繁栄する緑の世界はどのように生まれたのだろうか?

[動画を見る]
Thriving Bottle Garden Hasn't Been Watered in Over 40 Years

【簡単な準備で始めたテラリウム】

 デビッド・ラティマーさんがこのテラリウムを始めたのは1960年の4月17日。イースターの日だった。

 使ったのはおよそ45リットルの大きなビン。そこにいくらかの堆肥を入れてから、針金を使って慎重にムラサキツユクサの種をまき、140ミリリットルほどの水を加え混ぜた。

 え、それだけ?と聞きたくなるほど簡単だがこれがうまくいったらしい。もしかしたら使用している栓がコルクなのも幸いしているのかもしれない。

【1972年に一度水を上げただけ。自給自足の生態系が形成】

 このビンの世界は主に光合成の魔法で成り立っているそうだ。

 肥料と水と種が入ったビンに栓をしたラティマーさんは、それを適度に日の当たる場所に置いた。

[画像を見る]

 それからしばらくなんの手も加えなかったが、1972年に一度だけ水を入れた。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年5月3日のびっくり記事
「蓋をした瓶の中で40年以上。青々とした葉を保ちながら生き続けているツユクサのテラリウム」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    植物が苦しそうに見える。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら