猫の鳴き声には意味がある。7種の鳴き方とその意味

猫の鳴き声には意味がある。7種の鳴き方とその意味

Seregraff/iStock
 猫は、実に多くの鳴き声で気持ちを表すことができる。特に飼い猫の場合は、飼い主に要求を伝える手段や意思疎通のためによく鳴き声を発すると言われる。

 一方で野生の猫は外敵に居場所を知られないようにするため、無駄に声を発することは少ないそうだ。

 猫は個体差が大きいので平均化することは難しいが、それでも一定のパターンはあるようだ。今回、猫の7種の鳴き方とその意味を解釈した動画が公開されていたので見ていくことにしよう。
[動画を見る]
7 Sounds Cats Make and What They Mean

 動画撮影に協力してくれたのは、カラパイアでもおなじみ、YOUTUBEチャンネル「Cole and Marmalade」の茶トラのマーマレード、黒猫のコール、ジャグとジグザグだ。

【1. ニャ~、ニャオ~、ニャッ】

[画像を見る]

 猫同士ではあまりこの声を発しないそうだ。一般的な鳴き声とされる「ニャ~」は、人間へ向けて発せられる声であり、食べ物が欲しい時や注意を引きたい時、またドアの前で部屋から出入りしたい時などに発せられる。

 時に、孤独や病気を知らせるサインとして、このように鳴く場合もあるようだ。また、生まれたての子猫は、不安や寒さ、空腹を訴えるために母親を求めて、ミャ~ミャ~ミャ~とひっきりなしに鳴くことがある。

【2. ゴロゴロ】

[画像を見る]

 こちらもよく耳にする猫の音だろう。猫が幸せを感じている時に喉の奥から発する声と言われているが、実は怪我などで傷つき、痛みを抱えている時やストレスのある時にもこの声を出すようだ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年7月12日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。