古代マヤ文明の滅亡は戦争が原因ではなかった?破壊的な戦闘行為が長く繰り返されていた可能性(米研究)

古代マヤ文明の滅亡は戦争が原因ではなかった?破壊的な戦闘行為が長く繰り返されていた可能性(米研究)

image by iStock
 グアテマラ北部の3分の1を占めるペタン地区のウィッツナ考古学遺跡周辺で、研究者らが新たに象形文字の書かれた石碑を発見したらしい。

 未だ謎に包まれている古代マヤ文明が滅亡した原因が本当は何だったのかについて、この石碑がヒントを与えてくれるかもしれないとして注目を集めている。

 これまで干ばつで食糧が不足したため王国間の戦争が激化したせいで衰退したと考えられていたが、もしかするとそれよりずっと以前からかなり破壊的な戦争が行われていた可能性があるという。
【1000年以上前に古代マヤ文明が滅亡してしまった原因とは?】

 古代マヤ文明は、現在のメキシコ南部と中米北部のドイツの2倍ほどの地域に広がっていた。

 その最盛期は、紀元250年から少なくとも900年くらいまでの古典期と呼ばれる時期で、2500万人が暮らしていたと思われ、これは中世ヨーロッパの人口に匹敵すると言われている。

 1000年以上前に滅んだが、その原因は謎に包まれている。人口が壊滅的に減ったとみられ、繁栄を誇った町々の廃墟が今や見る影もなくジャングルと化している。

 研究者たちは、滅亡のさまざまな原因をあげているが、どれも決定的なものはない。

 干ばつが危機的な水不足を引き起こしたせいかもしれないし、農地開拓のための森林伐採が、肥沃な表土が失われるのにつながったのかもしれない。

 また、争いが激しくなり、殺し合いを繰り返したことが衰退に拍車をかけたという説もある。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年8月16日のびっくり記事
「古代マヤ文明の滅亡は戦争が原因ではなかった?破壊的な戦闘行為が長く繰り返されていた可能性(米研究)」の みんなの反応 4
  • wes 通報

    マヤの話なのにインカの写真

    2
  • 匿名さん 通報

    三光作戦みたいなことをやっていればいずれ自分の身に返ってくるということか。神に捧げる生贄にされた人は生きたまま内臓を抜かれたと言われている。

    1
  • 匿名さん 通報

    ↓そのサイコパス理論で行けば貴方の宗主国の半島の方が何段階も先に自滅するだろうね

    1
  • 匿名さん 通報

    人間は周期的に内部のサイコパスが増えて殺し合いを始め、自滅する。ナチス時代のドイツ人は喜んでユダヤ人を殺したし、現代の日本もサイコパス安倍が憎悪で滅ぼしてしまうのだろう。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。