なお、この車両は自動的に爆発します。イラン軍が自爆装置を搭載した無人ロボット兵器を公開

なお、この車両は自動的に爆発します。イラン軍が自爆装置を搭載した無人ロボット兵器を公開


 先日、イラン陸上地上部隊(NEZAJA)が公開したHeidar-1プロジェクトによって、「ネットワーク連結式の対人・対装甲車両スマート無人地上車両ロボット」の存在が明らかになった。

 NEZAJAがツイッターに投稿した画像と動画には、2本のアンテナとカメラが搭載された6輪車両が映し出されている。

 この無人車両ロボットには6種類のバージョンがあるようで、戦車の下に潜り込み自爆することが想定された移動式対戦車地雷とでもいうべきタイプや、上部にアサルトライフルを搭載したタイプなどが確認できる。

 またドローンと連携することで、空中からカメラが捉えた画面を見ながらターゲットを指定するといったこともできるようだ。
 

【中東に広まる無人兵器】

 中東では遠隔操作式の無人車両はすでに珍しいものではなくなっている。イスラム国をはじめとする非国家組織ですら、市場に流通している部品から自前の無人車両を開発しているのだ。

 遠隔操作式兵器のコンセプトは第一次世界大戦にまでさかのぼることができ、当時フランス軍が無線操作式の俗にいう「陸上魚雷(torpille terrestre)」を使用。
 
 さらに第二次世界大戦ではナチスも、「ゴリアテ」なる有線で遠隔操作できる軽爆薬運搬車両を製造した。

[画像を見る]
英軍に鹵獲されたゴリアテ public domain/wikimedia
【さっと忍び寄りターゲットを攻撃】

アメリカ、海軍分析センターのアドバイザー、サミュエル・ベンデット氏がC4ISRNetに語ったところによると、Heidar-1はイランが初めて公にした武装無人地上車両であるそうだ。

 「小型であることを考えると、さっとターゲットに忍び寄り活動するのかもしれない」とベンデット氏。

[画像を見る]
目標車両に後ろから忍び寄り自爆するHeidar-1

 また「ネットワーク化」されていることを指摘し、ある程度の自走機能も備えているだろうと同氏は推測している。ただし、公開されたプロトタイプについては、あくまで遠隔操作式の車両である。

written by hiroching / edited by parumo

記事全文はこちら:なお、この車両は自動的に爆発します。イラン軍が自爆装置を搭載した無人ロボット兵器を公開 http://karapaia.com/archives/52283634.html

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月18日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。