宇宙の中心で象を数える。衛星カメラとディープラーニングを使用した画期的な個体数の調査法が開発される

宇宙の中心で象を数える。衛星カメラとディープラーニングを使用した画期的な個体数の調査法が開発される
       

宇宙から象を正確に数えることに成功/pixabay
 現在、野生のアフリカゾウは個体数が減少し、IUCN(国際自然保護連合)レッドリストでは絶滅危惧種の危急種に指定されている。

 種を救うためには、正確な個体数や生息場所の監視が必要だ。このほど英バース大学の研究者らは、本来人間が行うモニタリング法よりも容易にできる衛星カメラとディープラーニングを組み合わせた監視方法に初めて成功したことを発表した。『C Net』などが伝えている。
【宇宙から象を数える】

 1月19日、英バース大学は衛星カメラとディープラーニング(多層の人工ニューラルネットワークによる機械学習手法)を組み合わせて、複雑な地理的景観の動物を数えることに成功し、絶滅危惧種の個体数を監視する上で保護活動家を重要な一歩に導いたことを発表した。

 研究チームは、衛星Worldview 3の高解像度の画像を使用して、森林や草地を移動するアフリカゾウを撮影。『MAXAR』によると、自動化されたこの新システムは、人間の検出能力に匹敵する精度を持っているという。

[画像を見る]

 今回のプロジェクト自体は、英オックスフォード大学とオランダのトゥエンテ大学とのコラボレーションにより実施されたが、検出プロセスを可能にするアルゴリズムは、バース大学のコンピューター科学者オルガ・イスポワ博士によって作成された。

新しい測量技術により、広大な土地を数分でスキャンできるようになり、これまで人間が低空飛行の飛行機から個々の動物を観察し数えていたという方法に代わって、待望の代替手段を提供することが可能になりました。

衛星が陸地を一掃する時、数分ごとに5,000km2を超える画像を収集できるため、二重にカウントされるリスクがなくなります。必要に応じて(たとえば、雲量がある場合など)、次の地球の回転でこのプロセスを翌日に繰り返すことができます。(イスポワ博士)

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月24日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。