2020年、アメリカ国内の殺人事件発生率が大幅に上昇していた件

2020年、アメリカ国内の殺人事件発生率が大幅に上昇していた件

アメリカの殺人事件発生率が大幅に上昇/iStock
 新型コロナウイルスが大流行した2020年はどの国にとっても受難の年だった。

 感染者数ナンバーワンのアメリカはそれにくわえて、抗議活動や暴動が頻繁に起きた。そこで暮らす人々にとっては、まさにカオスな年だったろう。

 こうした社会情勢を反映してか、同国では殺人事件発生率が急上昇し、前年比で30%増加し1200件以上も増えてたそうだ。『nypost』などが伝えている。
【前年を30%以上も上回る殺人事件件数】

 この調査結果は、刑事司法評議会(Council on Criminal Justice)による『Pandemic, Unrest, Crime and Violence in US Cities』という報告書で発表された。

 調査は、アメリカ国内34都市(平均人口97万8000人)を対象としたもの。大都市から比較的小さな都市まで含まれており、最大の都市は人口842万人が暮らすニューヨーク。最小は人口24万5000のバージニア州ノーフォークだった。

 報告書によると、20年の殺人事件発生率は、前年比で30%増加。月別で見ても常に前年を上回っていたが、特に6月から8月にかけて37.2%増加していた。

 アメリカ国内では、夏になると犯罪が増加し、秋冬には減少するという季節的なパターンがある。どうやら6~8月もそのパターンを踏襲していたようだ。

 また銃による暴行が8%、加重暴行が6%増加していた一方、麻薬関連犯罪・窃盗・強盗といった犯罪は、いずれも前年より減少したとのことだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク