コスプレもバリアフリーに! 車いすでのパレード参加者に聞いてみた

コスプレもバリアフリーに! 車いすでのパレード参加者に聞いてみた
コスプレもバリアフリーに! 車いすでのパレード参加者に聞いてみた

 名古屋で開催された「世界コスプレサミット」、東京での「コミックマーケット」も終わり、8月の大きなコスプレ関連のイベントはひと息といったところ。ネット上ではコミケに登場した様々なコスプレイヤーがあちこちで話題になっていますが、先に行われた名古屋のコスプレサミットでは取材中、車いすでのコスプレ参加者をみかけました。筆者は普段福祉系記事を多く書いています。そうしたこともありどうしても気になってしまい、車いすでのコスプレについて、コスプレイヤーさん本人に話を聞いてみました。


■ 敢えて車いすで参加したわけ 


 今回大須の灼熱地獄な気温の中を車いすで参加されたのは、コスプレイヤーの幻魔さん。今回は「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」のシーマ・ガラハウの姿で参戦されていた幻魔さんは、普段は特に体に不自由はないのですが、敢えての車いすでの参加。その意図について聞いてみたところ……まず一つ目の理由として「前回のパレード参加の前に急なケガをしてしまい、急遽車いすでの参加をしてみたところ周りからもとてもウケが良く、ネタ写真としても取り上げてもらったという経緯があって、今回も車いすで参加してみました」と教えてくれました。


 車いすでの参加について葛藤などなかったかどうかについては「車いすでの参加では大須観音の砂利道の移動や大須観音を出る際に段差やポールにハードルを感じ、仲間に助けて頂きました。心理的には、歩けるのに1人ネタ写真の為に車いすを押してもらう、仲間に助けてもらう事に心苦しさがありました」と答えてくれました。一般参加の待機列は、大須観音の境内に敷き詰められている砂利を通っていかないと行けず、車輪での通行はかなり大変。乗るほうもガタガタとした振動が心地悪く、車いすを押す側も体力を使います。それでもキャラのイメージを大切に、キャラになり切るのがコスプレの醍醐味。仲間に申し訳なさを感じつつも、大胆不敵なシーマ女史のイメージを損なわない様に敢えて物理的にとてもバリアフリーとは言いにくい場所でも車いすに乗り続けていました。


あわせて読みたい

おたくま経済新聞の記事をもっと見る 2018年8月17日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。