アニメになるでよぉ!「八十亀ちゃんかんさつにっき」が地元出身キャストで2019年春放送決定

アニメになるでよぉ!「八十亀ちゃんかんさつにっき」が地元出身キャストで2019年春放送決定
アニメになるでよぉ!「八十亀ちゃんかんさつにっき」が地元出身キャストで2019年春放送決定

 名古屋のローカルな「あるあるネタ」がみっちり詰まった安藤正基さんのまんが「八十亀ちゃんかんさつにっき」がアニメ化。2019年春から地元テレビ愛知ほかで放送開始されることになりました。地元ネタだけでなく、方言も豊富に出てくる原作のテイストを壊さないよう、メインキャストも愛知県出身の戸松遥さんが主人公の八十亀最中を演じるなど、こだわりのキャスティングもキャラクターデザインとともに2019年1月22日に公開されました。こらぁ、どえりゃーニュースだがね!


 Twitterからスタートし、現在はTwitterのほか「月刊ComicREX」(一迅社刊)で連載中の「八十亀ちゃんかんさつにっき」。東京育ちの高校生、陣界斗(じん・かいと)が転校した先の名古屋で出会ったのは、方言丸出しの女子高校生、八十亀最中(やとがめ・もなか)。ネコのような風貌と、露骨な名古屋弁を操る八十亀ちゃんは、東京人である界斗にはなかなか懐こうとせず、界斗はその様子を観察していく……といった形で展開していく作品です。


 作品の中には名古屋人あるある、名古屋あるあるな話題がみっちみちに詰まっており、八十亀ちゃんの行動を通して、界斗も読者も名古屋にどんどん詳しく(?)なっていくことができる「八十亀ちゃんかんさつにっき」。作中にはこのほか、岐阜県出身の只草舞衣(ただくさ・まい)や、三重県出身の笹津やん菜(ささづ・やんな)も登場します。ちなみに八十亀ちゃんの名前は、名古屋弁で「久しぶりだね」というあいさつ表現である「八十日目(やっとかめ)だなも」が元ネタ。名古屋を代表するラジオパーソナリティである、つボイノリオさんの名曲「名古屋はええよ!やっとかめ」(愛知県安城市出身の山本正之さん作詞作曲)でご存知かもしれません。


あわせて読みたい

気になるキーワード

おたくま経済新聞の記事をもっと見る 2019年1月22日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ヒナまつり」のニュース

次に読みたい関連記事「ヒナまつり」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「亜人ちゃんは語りたい」のニュース

次に読みたい関連記事「亜人ちゃんは語りたい」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。