多摩大学がプログラミングスキル判定サービス「TOPSIC」を採用~自発的な学習とプログラミング的思考を学ぶ講義で成果~

多摩大学がプログラミングスキル判定サービス「TOPSIC」を採用~自発的な学習とプログラミング的思考を学ぶ講義で成果~
株式会社システムインテグレータ(本社:さいたま市中央区、代表取締役社長:梅田弘之、東証1部:証券コード3826、以下「当社」)は、多摩大学(所在地:東京都多摩市、理事長:田村邦彦)において、プログラミングスキルチェックサービス「TOPSIC(トップシック:Test of Programming Skills for International Coders)」が採用され、2019年度から教育アセスメントに活用されていることをお知らせいたします。

◆多摩大学について
多摩大学は、「現代の志塾」という教育理念のもと、問題解決の最前線に立つ「志」人材の育成に尽力し、人間的な触れ合いによる少人数制ゼミを中心とした「手作り教育」を行っています。「TOPSIC」を導入した経営情報学部では、2年生から始まる必修の「ホームゼミ」を中心に指導しており、情報系では、ビッグデータ・統計データ分析系と、3DグラフィクスやVR・Webシステムなどの開発系のゼミが展開されています。
このような手作り教育において、「TOPSIC」が教育アセスメントの実践ツールとしてマッチし、導入が決定しました。

多摩大学ウェブサイト:https://www.tama.ac.jp/

◆TOPSIC導入の背景
多摩大学では、単なるプログラム言語の勉強ではなく、「プログラミング的思考の学習ツール」として「TOPSIC」を選定しました。主流のプログラム言語や開発ツールが時代とともに変わっても、プログラミング的な思考の本質は変わらず、大学の教育は本来、こうした根本的な力を身に付けるものであるからです。その目的において、プログラミング力とアルゴリズム力の両方のスキルアップを図ることができる「TOPSIC」の特徴が高く評価されました。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月30日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。