DeNAドラ1・入江大生、1年目の本音。0勝4敗、右肘手術…それでも「挫折や失敗とは思っていない」と言い切る理由

DeNAドラ1・入江大生、1年目の本音。0勝4敗、右肘手術…それでも「挫折や失敗とは思っていない」と言い切る理由
拡大する(全1枚)

2020年ドラフト会議、横浜DeNAベイスターズから1位指名を受け、入江大生はプロの扉を開いた。大きな期待を背負って臨んだ2021年は、0勝4敗。夏に右肘の手術を受け、シーズンは終わった。立ちはだかる“プロの壁”に、はたから見れば失敗とも映るルーキーイヤーだが、当の本人はどのように捉えているのだろうか――。その本音を明かしてくれた。

(取材・文=石塚隆、写真=(C)YDB)

ドラ1で入団も結果の出なかった1年目。入江大生は何を思うのか

現実は、かくも厳しく辛辣(しんらつ)なものだった。しかし入江大生は、瞳の輝きを失うことなく言うのだ。

「挫折や失敗だとは思ってはいないんです」

力強い口調。入江から今シーズンに懸ける想いが伝わってきた――。

2021シーズン。ドラフト1位で入団し、多くの人たちの期待を背負ってのデビューイヤー。入江はキャンプからオープン戦とアピールに成功し、開幕ローテーションを勝ち取った。187cmの長身から投げ下ろす150キロを超えるストレートと膝元で落ちるスプリット、さらに変化球を低めに集めることができれば結果はついてくると思われた。

だが入江に“プロの壁”が立ちはだかる。

デビュー戦となった3月31日のヤクルト戦(横浜スタジアム)では5回を投げ5失点で洗礼を浴びると、続く4月7日の中日戦(バンテリンドーム)では5回を自責点1(3失点)でしのぎならも負け投手に。ピッチング内容が良かっただけにここから巻き返しかと思われたが、その後2試合連続で5回を投げ切ることができず、ともに5失点を喫してしまう。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク