ジミー・ペイジがインストゥルメンタル版「天国への階段」を披露した1988年を回想

ジミー・ペイジがインストゥルメンタル版「天国への階段」を披露した1988年を回想
レッド・ツェッペリンジミー・ペイジ、唯一の正式なソロツアーで、ギタリストはかつて所属したバンドの代表曲をインストゥルメンタルで披露し、コンサートを締めくくった。当時の映像を振り返る。

80年代のジミー・ペイジは多忙を極めていた。短命で終わったスーパーグループXYZを立ち上げつつ、映画『ロサンゼルス』のサントラを制作し、フリーやバッド・カンパニーのボーカル、ポール・ロジャーズとザ・ファームを結成した。その後一時的にレッド・ツェッペリンを再結成し、ローリング・ストーンズやロイ・ハーパーなど豪華ゲストを交えた単発復活公演を行った。80年代後半にはソロデビューアルバム『アウトライダー』をレコーディング。今日に至るまで、彼がソロ名義でリリースしたアルバムはサントラを除けばこの1枚だけだ(ローリングストーン誌のデヴィッド・フリッケの評価は★2つ。「全体的にゴチャゴチャした」アルバムだと評した)。

1988年6月にこのアルバムをリリースしてから数か月後、ペイジは拡大全米ツアーに乗り出し、その後イギリスでもいくつかコンサートを行った。80年代中盤にザ・ファームとしてツアーを行った際にはあえてツェッペリンのレパートリーを避けていたが、今回のツアーではペイジもノルタルジーな気分だったようだ。『アウトライダー』ツアーのセットリストは――アルバムにも参加したドラムのジェイソン・ボーナム、ベースのダーバン・ラヴェルデ、コーラス兼キーボードのジョン・マイルズらを従えて――さながら彼のキャリアの集大成。ザ・ファーム、ヤードバーズ、レッド・ツェッペリンの楽曲に加え、オリジナルの新曲も披露。コンサートの締めくくりはファンへの大サービスとして、1983年のアームズ・コンサートで初披露した『天国への階段』のインストゥルメンタル・バージョンを演奏した。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年1月12日の音楽記事

次に読みたい関連記事「BOOWY」のニュース

次に読みたい関連記事「BOOWY」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「はっぴいえんど」のニュース

次に読みたい関連記事「はっぴいえんど」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アイアン・メイデン」のニュース

次に読みたい関連記事「アイアン・メイデン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。