細野晴臣LA公演レポート マック・デマルコも交えたデビュー50年目の「回答」

細野晴臣LA公演レポート マック・デマルコも交えたデビュー50年目の「回答」
ここにきて海外での評価が高まるなか、5月時下旬から6月頭にかけて行われたニューヨーク・ロサンゼルス公演も大成功させた細野晴臣。今回はその米国公演から、6月3日に行われたロサンゼルス公演の公式ライブレポートをお届けする。

ロサンゼルスのダウンタウンにあるMayan Theaterは1927年に建設された歴史的なコンサート・ホールだ。「マヤ風」の名前の通り、メキシコのマヤ文明から着想を得たエキゾチックな仕様が施されていて、LA特有のパームツリーの木立と相まって、今夜のライヴへの期待感をよりいっそう膨らませてくれる。

細野晴臣のソロとしての初のアメリカ・ツアー。ニューヨークでの二日間公演に続き、ここLAが今回の最終公演地となった。Mayan Theaterのキャパシティは公式には1700人と発表されている。ウィークデイ、しかも月曜日に日本人アーティストがこれほどのキャパをソールドアウトさせ、しかも観客の大半がアメリカ人なのは異例中の異例だそうだ。開演前には入り口から交差点まで長い行列もできていた。

はっぴいえんどで細野はアメリカへの憧れを胸にここLAでレコーディングをした。イエロー・マジック・オーケストラが斬新なテクノ・サウンドで世界を熱狂させるきっかけが作られた最初の海外公演もLAだった。そしていま、ミュージシャンとしてのプロ・デビューから50年目にして細野がソロ・アーティストとしてLAにいる。3つの違うペルソナがひとつの筋になってこの土地で交わるという事実には、ニューヨーク公演とはまた違った種類の高揚があったのではないだろうか。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年6月16日の音楽記事

次に読みたい関連記事「金子ノブアキ」のニュース

次に読みたい関連記事「金子ノブアキ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「coldrain」のニュース

次に読みたい関連記事「coldrain」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「KOTOKO」のニュース

次に読みたい関連記事「KOTOKO」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。