DIR EN GREYライブレポ 「痛み」と向き合う覚悟と「生」の実感

DIR EN GREYライブレポ 「痛み」と向き合う覚悟と「生」の実感
2019年も野外フェスシーズンが終わろうとしている。今年もフェスならではの素晴らしい体験をいくつもさせてもらった。ただ、このバンドをフェスでは一度も観なかった。それが自分たちの意志なのか、独自の音楽性ゆえフェス主催者から声がかかりにくいのか、その真意を筆者は知らない。

10月5日、千葉・市原市市民会館で行われたライブを観て、DIR EN GREYがフェスに出ていないことは、むしろこのバンドにとってプラスなのだと感じた。

今回はシングル「The World of Mercy」をリリースしての全国ツアー。9月15日の京都公演から始まった本ツアー『TOUR19 This Way to Self-Destruction』はこの日の市原市市民会館公演まではライブハウスを回ってきた。ライブハウスということで、演出は照明だけだったそうだが、この日からはDIR EN GREYのライブには欠かせない映像による演出が加わった。

18時5分。定刻より5分押しで、会場が暗転。場内にSEが流れ、ステージに映像が流れる中、Shinya(Dr)、Die(Gt)、Toshiya(Ba)、薫(Gt)、京(Voice)の順にメンバーが登場する。

映像による演出というと、何だか華やかな世界を想像するかもしれないが、DIR EN GREYの映像は、美しくはあるが、ダークでグロテスクだ。そんな趣の映像の力も手伝い、DIR EN GREYのライブはどこか深い森に放り出された感じがある。

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月17日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。