タル・ウィルケンフェルドが語る音楽人生、レジェンドとの共演秘話、トゥールからの影響

タル・ウィルケンフェルドが語る音楽人生、レジェンドとの共演秘話、トゥールからの影響
タル・ウィルケンフェルドが2019年、ソロ・アルバム『ラヴ・リメインズ』を発表、8月に来日ライブを行った。ジェフ・ベックとの活動で一躍注目され、初のソロ・アルバム『トランスフォーメーション』(2009年)によって若きスーパー女性ベーシストと呼ばれるようになったタルだが、2015年に行われた初のソロ来日では自らボーカルを取るシンガー・ソングライター・スタイルでのステージを披露。『ラヴ・リメインズ』、そして今回の日本公演ではその路線を受け継いでいる。アーティストとしてのポリシーやさまざまな共演、今後の彼女が進んでいく道などについて、タルが雄弁に語ってくれた。

ー『ラヴ・リメインズ』ではシンガー・ソングライターとしてのあなたの魅力を聴くことが出来ますが、自分で歌うことはいつから意識していたのですか?

タル:子供の頃、音楽に目覚めたときからよ。歌うのが好きだった。ただ、14歳のときに曲を書くようになって、しばらくギターに専念していた。15歳のとき、アメリカに引っ越したときはギターを弾いていたけど、半年ぐらいしてベースという楽器の魅力を発見して、ベースで”音楽の言語”を話すことに夢中になった。それで気がついたらオールマン・ブラザーズ・バンドと一緒にやるようになって、それからジェフ・ベック、ハービー・ハンコック、プリンス……そうして年月が経って、ある日ふと気がついたのよ。自分がやるべきこと、やりたいことは何だろう?……ってね。もちろん、いろんなミュージシャンと共演するのは楽しいし、スキルを上げることが出来たけど、本当にやりたいのは自分の音楽をやることだと気付いた。私はボーカルのレッスンとかは受けたことがないし、”正しい”歌い方は知らない。でも、自分が書いた歌詞を他人が歌うよりも、うまくなくても自分自身で歌った方がフィーリングが伝わると思ったのよ。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月17日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。