リアム・ギャラガーが語るオアシス再結成の可能性、兄ノエルと和解するための条件

リアム・ギャラガーが語るオアシス再結成の可能性、兄ノエルと和解するための条件
ローリングストーン誌による、リアム・ギャラガーの最新インタビュー。ソロアーティストとして復活した彼が、オアシス再結成の条件と兄ノエルへの想いを語る。「俺をハイ・フライング・バーズに参加させて、アイツがそれをオアシスと呼ぶつもりなら、とんでもないことがヤツの身に起きるよ」

オアシス解散後、落ち着いた状況に戻るまでしばらくかかったとリアム・ギャラガーは認める。2009年に楽屋で兄ノエル・ギャラガーと殴り合いのケンカをしたことでオアシスは終焉を迎えた。それは昔ながらのパートナーを分かち、二人を音楽の荒野へと放り出した。オアシスのメイン・ソングライターだったノエルは冒険的な音楽を奏でるハイ・フライング・バーズを結成し、リアムは元オアシスのメンバーたちとビーディ・アイを結成。しかし、リアムですらビーディ・アイの頃は「それほど有益ではなかった」と認める。彼らは2014年に解散し、リアムはソロの道を選んだ。曲作りはグレッグ・カースティン(アデル、シーアなどに提供)、アンドリュー・ワイアット(ロード、レディー・ガガに提供)などプロのソングライターと共同で行い、リアムは彼が最も得意とする音楽に舞い戻った。そう、オアシス時代にデヴィッド・フリッケが「たくましいブリットポップ、ビートルズ風のバラッド」と形容したあの音楽だ。

リアムの新作『Why Me? Why Not.』もその流れを汲んでいる。彼は「ワンス」をお気に入りの曲と呼ぶ。この曲は失敗に終わったパートナー関係を振り返った内容だ。サビの部分で「夜明けが来ると、もう一度やってみようと強く思った、しかし結局は、できるのは一度だけ」と歌っているが、これは彼がいた伝説的なバンドについて暗示している可能性がある。「このレコードで一番ユニークな曲が『ワンス』だと思うよ」とリアムは言う。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「オアシス + 広島」のおすすめ記事

「オアシス + 広島」のおすすめ記事をもっと見る

「オアシス + 新宿」のおすすめ記事

「オアシス + 新宿」のおすすめ記事をもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月13日の音楽記事

キーワード一覧

  1. オアシス 広島
  2. オアシス 新宿

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。