SKY-HI、音楽と感情と世界を結びつけた「空間アート」で躍動

SKY-HI、音楽と感情と世界を結びつけた「空間アート」で躍動
       
「配信ライブは生のライブの代替品にはなり得ない」「新しいコンテンツとしてのライブショウを見せたい」「キャリアを賭ける」。事前に公開されたYouTubeの映像で並々ならぬ決意を語ったSKY-HIの配信ライブ『SKY-HI Round A Ground 2020 -RESTART-』が、7月19日に開催された。

5月の自宅ワンマン『SKY-HI自宅ワンマン』、6月の無観客ライブ『We Still In The LAB』がどちらも無料だったのに対し、初めて有料での配信ライブを行うということは、常に「物事の価値と、その対価」について意識的なSKY-HIにとって、まさに覚悟と自信の表れ。「テクノロジーによる空間アート」と予告されていた今回のライブでは、間違いなくSKY-HIにしか作り得ない、ワンアンドオンリーな空間が生まれていた。

ライブの開催がままならず、制限を設けた有観客も含む配信ライブが毎日のように行われるようになって、僕自身も「配信ライブは生のライブの代替品にはなり得ない」ことを痛感している。言うまでもなく、同じ空間を共有できない配信ライブは一方向からの発信でしかなく、「ともに作り上げる」というライブの醍醐味は生まれえない。だからこそ、生のライブとは違った価値を持った「作り込んだ」ライブが目立ち、僕が見た中で言えば、最新のAR技術を駆使してSUPER DOMMUNEで行われたフィッシュマンズ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月26日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。