ローリング・ストーンズの卓越した先進性とは? 今の視点で捉え直す『山羊の頭のスープ』
拡大する(全2枚)
ザ・ローリング・ストーンズが1973年に発表した『山羊の頭のスープ』が9月4日に新装リリースされる。本作とバンド自身の今だから見える魅力、新しいリスナーを獲得しうるポテンシャルを、音楽ディレクター/ライターの柴崎祐二に解説してもらった。

いきなりネガティブな話からスタートしてしまうが、例えば現在、日々熱心に国内外の最新ポップ・ミュージックを追いかけて「アクチュアル」な音楽ライフを送っている主に若年リスナーのうち、ローリング・ストーンズも積極的に聴いています(or大ファンです)、という人はどれくらいいるのだろう。あくまで管見の及ぶ範囲内なのでもちろん断言は避けなければならないけれど、私個人の感覚だと、はっきりいって相当に少ないような気がする。いや、それをもって「ストーンズも聴いてないなんてなっとらん!」とロックおやじ風の伝統的マウンティングをカマしたいわけでなく、むしろ、たしかにまあ現在の音楽シーンの潮流からして、いまストーンズの音楽に現在的な視点から「批評性」を見出すのは難しいのかもしれないのかも?とは思う……。思うのだが、いや、そんなことないでしょう!という気持ちも、ここ数年ずっとあるのだ。これは単に、今から20年ほど前のいわゆる「ロックンロール・リヴァイヴァル」期に青春期を過ごし、ストーンズ(や彼らから影響を受けたバンド)のカヴァーをしまくった経験を持つ初期中年たる私の贔屓目でなくて、つとめて冷静な視点からもそう思うのだ。

この記事の画像

「ローリング・ストーンズの卓越した先進性とは? 今の視点で捉え直す『山羊の頭のスープ』」の画像1 「ローリング・ストーンズの卓越した先進性とは? 今の視点で捉え直す『山羊の頭のスープ』」の画像2