1960年代後半のカレッジフォークを仕掛け人とともに振り返る
拡大する(全1枚)
日本の音楽の礎となったアーティストに毎月1組ずつスポットを当て、本人や当時の関係者から深く掘り下げた話を引き出していく。2021年8月は元日本フィリップス・レコードのプロデューサー、ディレクターである本城和治の50曲特集。第3週は、彼が手掛けたカレッジフォークシンガーについて振り返る。

田家秀樹(以下、田家)こんばんは。FM COCOLO「J-POP LEGEND FORUM」案内人、田家秀樹です。今流れているのはザ・スパイダースで「あの時君は若かった」。1968年3月発売、今月の前テーマはこの曲です。夏休み真っ盛り、お盆休み。若かったあの頃を思い出しながらの1ヶ月であります。

関連記事:日本最初のバンドブームとなったGS仕掛け人・本城和治とともに振り返る

あの時君は若かった / ザ・スパイダース

今月2021年8月の特集は、本城和治さんの50曲。元日本フィリップス・レコードのプロデューサー、ディレクター。1939年生まれ、もし彼がいなかったらその後の日本のポップミュージックはどうなっていただろう? あの曲、そしてあの人は生まれていなかったんではないか? と思わせてくれる重要な方であります。何よりもグループサウンズとキャンパスフォークに関して彼の右に出る人はいない。ザ・スパイダースはじめ、当時手掛けていたバンドは十数組。一人のプロデューサー、ディレクターがこれだけたくさんの数を手掛けたの方はいらっしゃらなかったでしょうね。先週はザ・スパイダースについていろいろ伺いましたが、今週はキャンパスフォークについて語っていただこうと思います。こんばんは。