Panorama Panama Townが語る、メンバーの多彩な「顔」が詰まった最新作

Panorama Panama Townが語る、メンバーの多彩な「顔」が詰まった最新作
拡大する(全3枚)
Panorama Panama Townが、ミニアルバム『Faces』をリリースした。

2020年に新体制となって以降、試行錯誤を繰り返しながら新しい自分たちにしか出来ないサウンドを求めてきたPanorama Panama Town。音を減らし、同じリフとコード進行を繰り返す中で展開を進めていく指針が決まった配信曲『Strange Days』以降、それをさらに突き詰めていった一作が今回のミニアルバム『Faces』となった。録りとミックス以外の作業は岩渕想太(Gt, Vo)の家でメンバーが顔を合わせて作っていき、まさに今のバンドの気概が溢れる一作に仕上がっている。

そんなPanorama Panama Townにインタビューを敢行。楽曲「Strange Days」以降見えてきたものが詰まった本作について、広く話を訊いた。

―最近は緊急事態宣言も明けて、集客イベントへの制限も少しずつ緩和されてきていてライブもやりやすくなっているのかなと思います。バンドの近況はいかがですか?

岩渕想太(以下、岩渕):今回リリースするミニアルバム『Faces』を作り終わって、新曲を全国で鳴らしたいなと思っていて。ここ2年くらいは関西と関東でしかライブをやれてなかったので、久しぶりにあちこちでライブができてますね。ミニアルバムは2年ぶりなので、ようやくバンドがちゃんと動けてる感じもあります。

浪越康平(Gt:以下、浪越):ライブができるようになってきたっていうのは一番大きいですね。各地でライブに誘ってもらったりして、ライブハウスに行く回数が増えてきて純粋に楽しいなって思います。

この記事の画像

「Panorama Panama Townが語る、メンバーの多彩な「顔」が詰まった最新作」の画像1 「Panorama Panama Townが語る、メンバーの多彩な「顔」が詰まった最新作」の画像2 「Panorama Panama Townが語る、メンバーの多彩な「顔」が詰まった最新作」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク