☆Taku Takahashiプロデュースの「NEX STAGE」始動、音楽が持つ力で明るい将来へ
拡大する(全14枚)
音楽・アーティストの新しい体験と未来を創造する新プロジェクト glo™️ × block.fm「NEX STAGE」が発足。2021年12月6日渋谷ヒカリエホールにて、ローンチパーティーが行われた。

このプロジェクトは、”満足感をブースト”をメッセージに掲げる「glo™️」と10周年を迎えた新世代の音楽マルチメディア「block.fm」が手掛けるもので、音楽の新しいソーシャルプラットホームとして、アート、カルチャー、テクノロジー、価値観など様々が交差する場として、新感覚のライブイベント、ワークショップなどあらゆる形で音楽をアップデートし、アーティストとともに音楽のネクストレベルを創造する新プロジェクトだ。

関連記事:☆Taku Takahashiが語るblock.fmの10年間、これからの展望

この日は13時から新プロジェクト「NEX STAGE」プロジェクト発表会が行われ、プロデューサーを務める☆Taku Takahashi(m-flo, block.fm)が登壇した。「みなさん、本日はお忙しい中ありがとうございます。これよりローンチパーティーを開催します」と挨拶した☆Taku は、音楽の隆盛について語りだした。20世紀に入った頃ホームエンターテイメントの王様だったピアノは、レコードプレーヤーが普及したことで生産数が激減。音楽が気軽に楽しめるレコードが普及したことで、音楽産業は盛り上がったものの、1930年代にはレコードの売り上げは25分の1にまで落ち込んだという。その理由は、ラジオができたこと。さらに、世界を襲った大恐慌により、音楽を買うよりも無料で楽しむスタイルが加速していったという。「どうでしょう? 現在と似ているように感じませんか?」と語りかける。確かに不況とコロナ禍にあえぐ現代社会とサブスクで聴かれるようになった音楽の関係に似ている。しかし、1930年代当時のアーティストやプロデューサーは、ラジオを新たなプロモーションツールとして、ヒット曲を生み出し、ついにはディスコやクラブカルチャーを育む黄金時代を再来させてみせたという。

この記事の画像

「☆Taku Takahashiプロデュースの「NEX STAGE」始動、音楽が持つ力で明るい将来へ」の画像1 「☆Taku Takahashiプロデュースの「NEX STAGE」始動、音楽が持つ力で明るい将来へ」の画像2 「☆Taku Takahashiプロデュースの「NEX STAGE」始動、音楽が持つ力で明るい将来へ」の画像3 「☆Taku Takahashiプロデュースの「NEX STAGE」始動、音楽が持つ力で明るい将来へ」の画像4
「☆Taku Takahashiプロデュースの「NEX STAGE」始動、音楽が持つ力で明るい将来へ」の画像5 「☆Taku Takahashiプロデュースの「NEX STAGE」始動、音楽が持つ力で明るい将来へ」の画像6 「☆Taku Takahashiプロデュースの「NEX STAGE」始動、音楽が持つ力で明るい将来へ」の画像7 「☆Taku Takahashiプロデュースの「NEX STAGE」始動、音楽が持つ力で明るい将来へ」の画像8
「☆Taku Takahashiプロデュースの「NEX STAGE」始動、音楽が持つ力で明るい将来へ」の画像9 「☆Taku Takahashiプロデュースの「NEX STAGE」始動、音楽が持つ力で明るい将来へ」の画像10 「☆Taku Takahashiプロデュースの「NEX STAGE」始動、音楽が持つ力で明るい将来へ」の画像11 「☆Taku Takahashiプロデュースの「NEX STAGE」始動、音楽が持つ力で明るい将来へ」の画像12
「☆Taku Takahashiプロデュースの「NEX STAGE」始動、音楽が持つ力で明るい将来へ」の画像13 「☆Taku Takahashiプロデュースの「NEX STAGE」始動、音楽が持つ力で明るい将来へ」の画像14