岡村靖幸、最新アルバム『操』までを当時のプロモーターとV4代表が語る
拡大する(全3枚)
日本の音楽の礎となったアーティストに毎月1組ずつスポットを当て、本人や当時の関係者から深く掘り下げた話を引き出していく。2021年11月の特集は「J-POP LEGEND FORUM 再評価シリーズ第1弾 岡村靖幸」。2021年11月16日に初めてのアナログ盤『家庭教師』が発売された岡村靖幸のEPIC時代を辿る。11月最終週のパート5は、当時のプロモーター、現在はソニー・ミュージックダイレクト制作部部長・福田良昭と、現所属事務所・自主レーベルV4の代表取締役社長、アルバム『操』のプロデューサー、ディレクター・近藤雅信をゲストにアルバム5th『靖幸』から最新アルバム『操』を再評価する。

田家秀樹:こんばんは。FM COCOLO「J-POP LEGEND FORUM」案内人・田家秀樹です。今流れているのは岡村靖幸さん「どぉなっちゃってんだよ」。1990年11月16日に発売になりました、先日31年振りに初めてアナログ盤になった4枚目のアルバム『家庭教師』の1曲目。今月の前テーマはこの曲です。

関連記事:岡村靖幸『靖幸』、当時のプロモーターと岡村ワールドについて語る

今月は5枚のオリジナルアルバムを毎週1枚ずつ取り上げて聴いていこうということで始まったのですが、今週は1995年12月に出た『禁じられた生きがい』と2020年4月に出た新作アルバム『操』。2枚のお話をしていこうと思います。当初はEPIC時代の5枚のオリジナルアルバムご紹介の1ヶ月という趣旨で始まったのですが、やっていくうちに再評価という言葉が自分で気になってきまして。過去の人をあらためて見直すと認識されるのだとしたら、それは本意ではないなと方針を変更して、やっぱり最後は最新アルバム、最新シングルの話を訊いていこうということになりました。ゲストは先週に続いてソニー・ミュージックダイレクトの部長、4枚目のアルバム『家庭教師』から担当になって、今の岡村さん担当でもある福田良昭さん。そして、今の所属事務所自主レーベルV4の代表取締役社長、アルバム『操』のプロデューサー、ディレクター・近藤雅信さん、お2人をお招きしております。

この記事の画像

「岡村靖幸、最新アルバム『操』までを当時のプロモーターとV4代表が語る」の画像1 「岡村靖幸、最新アルバム『操』までを当時のプロモーターとV4代表が語る」の画像2 「岡村靖幸、最新アルバム『操』までを当時のプロモーターとV4代表が語る」の画像3