坂本龍一が語る、『BEAUTY』で描いたアウターナショナルという夢のあとさき
拡大する(全4枚)
坂本龍一の人気作『BEAUTY』が2021年最新リマスタリング・初の紙ジャケ仕様でリイシュー。ベルリンの壁が崩壊した1989年、米ヴァージン・レコード移籍第1弾として発表された本作は、「グローバリゼーション」という言葉がまだ一般化してなかった時代に、ジャンルや国籍といった境界を軽やかに超えてゆく音楽のあり方を実践した。このアルバムは30年後の世界でどんな意味をもちうるのか。再発盤ライナーノーツも執筆した、若林恵(黒鳥社)によるインタビュー。

『BEAUTY』とは?
1989年11月21日に発表された通算8作目のアルバム。ブライアン・ウィルソン(ビーチ・ボーイズ)、ロビー・ロバートソン(ザ・バンド)、ロバート・ワイアット、ユッスー・ンドゥール、アート・リンゼイ、スライ・ダンバー、ピノ・パラディーノなど豪華ゲストが参加。沖縄民謡、ローリング・ストーンズ、スティーブン・フォスターやサミュエル・バーバーなど収録曲の約半分がカバー曲。トラックリストは各国盤で異なっており、今回は本人の意向により日本盤の選曲を採用。

─この12月22日に、晴れて『BEAUTY』の再リリースがかなったわけですが、いまのタイミングで再リリースされるに至ったのは、どういう経緯がおありになるんでしょう? ずっと出そうと思っていたのが出せていなかったみたいなことなのか。

坂本:『BEAUTY』とその次作の『Heartbeat』だけが、未だにデジタルのプラットフォームに乗っかっていなかったのですが、こちらとしては出したいなとは思っていたものの、この2作はともに「ヴァージン・アメリカ」のもとでつくったもので、その「ヴァージン・アメリカ」自体が身売りをしたりして権利がずっと転々としていたんです。それがユニバーサルに落ち着いて、デジタルプラットフォームに上げて欲しいということを2~3年前に働きかけ始めて、それがようやく実りました。

この記事の画像

「坂本龍一が語る、『BEAUTY』で描いたアウターナショナルという夢のあとさき」の画像1 「坂本龍一が語る、『BEAUTY』で描いたアウターナショナルという夢のあとさき」の画像2 「坂本龍一が語る、『BEAUTY』で描いたアウターナショナルという夢のあとさき」の画像3 「坂本龍一が語る、『BEAUTY』で描いたアウターナショナルという夢のあとさき」の画像4