ODD Foot Works、Kroiとのリベンジライブで観客と共に作り上げた一体感
拡大する(全6枚)
2022年6月16日、木曜日の夜に渋谷クアトロで開催された「GALAXY MOTEL vol.6」。企画したODD Foot Worksとゲスト出演のKroi、それぞれが表現する心踊る音楽が熱いステージ上で繰り広げられていた。

ODD Foot WorksとKroiのツーマンライブは前回の「GALAXY MOTEL vol.5」に予定されていたが、Kroiのメンバーが新型コロナウイルスに感染したことで出演キャンセルとなり、満を持して今回はそのリベンジライブとなった。会場はライブフロアを後ろまで埋め尽くすほどの観客たちで溢れていて、仲間と談笑をしたり、お酒を飲んだりしながら各々にリッラクスして開演の時間を待っている様子だった。

関連記事:ODD Foot Works、水曜日のカンパネラを迎えたチルでライブ感溢れる一夜

開演の時間になると会場は暗転。最初の登場はKroi。素敵な夜会の幕開けを知らせるかのような音色のシンセが会場に響き渡ると、1曲目「Small World」が始まる。内田怜央(Vo)のシャウトに会場の空気は一気に熱を帯びていき、毒気のあるフリーキーなサウンドに導かれて観客たちは独特なKroiの世界観へと惹き込まれる。クールに歌い上げると次の曲はスロウテンポなファンク曲「Mr. Foundation」。洗練された少ない音数の中で、益田英知(Dr)のドラミングの絶妙なタイム感が際立つ。続けて、Kroiの代表曲の一つである「Balmy Life」。独特なアクセントの高速ラップに、観る者のバイブスはますます上がっていく。次に、ポップテイストの曲調の中で緻密なグルーヴ感が溢れる楽曲「selva」。曲中のベースソロでは、関将典(Ba)がスチュワート・ゼンダーを彷彿とさせるファンキーで切れ味鋭いベースプレイを炸裂させる。続けて4曲目は、80年代ディスコサウンドをKroi流のミクスチャーな音楽に昇華した楽曲「Page」。千葉大樹(Key)が奏でる多彩な音色のシンセが、Kroiの個性の一つである「懐かしくも新しい」音像を構築しているのだと感じた。

この記事の画像

「ODD Foot Works、Kroiとのリベンジライブで観客と共に作り上げた一体感」の画像1 「ODD Foot Works、Kroiとのリベンジライブで観客と共に作り上げた一体感」の画像2 「ODD Foot Works、Kroiとのリベンジライブで観客と共に作り上げた一体感」の画像3 「ODD Foot Works、Kroiとのリベンジライブで観客と共に作り上げた一体感」の画像4
「ODD Foot Works、Kroiとのリベンジライブで観客と共に作り上げた一体感」の画像5 「ODD Foot Works、Kroiとのリベンジライブで観客と共に作り上げた一体感」の画像6