日本人が「中国人ほど死を恐れない」理由を考えてみた=中国

日本人が「中国人ほど死を恐れない」理由を考えてみた=中国
拡大する(全1枚)

 武士としての心得をまとめた書物「葉隠」には、「武士道とは死ぬことと見つけたり」との一文がある。中国人からすると、現代日本人の死生観は中国人と大きく異なっており、武士ほどでないにしても、日本人は中国人ほど死を忌み嫌わない傾向にあると映るようだ。

 中国メディアの快資訊はこのほど、「日本人はなぜ死を恐れないのか」と問いかけ、それは武士道の影響が関係しているのではないかと分析する記事を掲載した。

 日本の映画ではたびたび死を美しいものとして描くことがあるが、こうした描写は中国人からすると違和感を覚えるようだ。また、中国では墓地は人間の居住地から遠く離れた山中などに作ることが多いが、日本では墓地が住宅地にあることも珍しくない。こうした違いは日本人にとって死が身近にあり、自然の摂理として死が受け入れられているということなのかもしれない。

 記事は、日本人は中国人ほど死を恐れないように見えると主張し、それは武士道の影響ではないかと主張。命を懸けて仇討ちをした忠臣蔵の話があるように、武士道の世界では死よりも忠誠心や名誉、義理や人情といった要素の方が重視されたと指摘し、こうした考え方が日本人の死生観に影響を与えたのではないかと主張した。

 また、日本では「桜」が愛されているが、日本では美しく咲いて美しく散る桜が好まれると指摘し、こうした点からも日本人は「散る」ことに抵抗を抱いていないどころか、一種の美学を感じていることがわかると強調した。

 日本人と中国人の死生観には確かに大きな違いがある。記事では言及していないが、違いは葬儀の内容にも表れていて、例えば中国では葬儀は「派手であれば派手である方が良い」という傾向が強く、参列者を増やすためにストリッパーに躍らせることが流行したこともある。一方、「あの世」があると考えるのは日中で似ている点であり、中国ではあの世のためのお金「冥銭」を手向けたり、死者のために結婚式を挙げる「冥婚(めいこん)」があったりする。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク