秦・始皇帝の墓、1000年以上前に盗掘されていた―中国で研究発表

       
 宋遼金元代史や中国法制史の研究者である李宝柱博士は23日、文献の研究にもとづき、秦の始皇帝の陵墓は約1000年以上前に盗掘されていたとする文章を発表した。

 始皇帝陵墓は陜西省にある。周辺部分は調査され、大量の兵馬俑などが出土したが、遺体が安置されているはずの墓室部分は、本格的発掘が行われていない。

 李博士は、明代に編纂(へんさん)された「永楽大典」から清代に抜粋されたとする、宋代の記録「宋会要輯稿」に着目。同記録には◆唐末から五代十国時代にかけ、秦・始皇帝を含め、歴代皇帝28人の陵墓が盗掘された◆宋朝はそれらの陵墓をすべて修復。改めて棺や副葬品を安置した◆大量の人員を動員して作業を行った◆作業は970年9月に始まったが翌年2月になっても終わらなかった――などの記述があるという。

 唐朝の滅亡は西暦907年で、その後は分裂時代である五代十国時代。960年に趙匡胤が統一を果たし、宋朝を樹立した。

 始皇帝陵墓の墓室部分は、これまで音波測定や土壌サンプルの採取が行われており、墓室の壁の厚さが4メートルであることなどが分かっている。墓室周囲には、後から掘られたとみられる直径1メートル程度の坑道があるが、墓室からは距離があり、盗掘は失敗したとみられていた。

 李博士によると、宋代の本格的な修復からも1000年以上が経過しているので、「それ以降は盗掘されていない」とすべきところを「埋葬後、盗掘されなかった」と結論づける誤解が生じた。実際には1000年以上前の盗掘者により、始皇帝の墓は「開発済みだった」という。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年2月24日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。