新華社「八路軍に参加した日本軍兵士の活躍を忘れるな」

新華社「八路軍に参加した日本軍兵士の活躍を忘れるな」
新華社は31日、「中国戦場で活躍した『日本人の八路』を記念する」と題した論説文を発表した。日中戦争時に共産党軍に参加した日本人の功績を紹介し、「中国の官民において、中国人民の抗日戦争史の中で、欠かすことのできない一部分であると、ますます重視されるようになっている」と論じた。9月2日の戦勝記念日を前に、反日感情の高まりを抑制する意図の可能性がある。<br>(サーチナ&CNSPHOTO)
       
 新華社は31日、「中国戦場で活躍した『日本人の八路』を記念する」と題した論説を発表した。日中戦争時に共産党軍に参加した日本人の功績を紹介し、「中国の官民において、中国人民の抗日戦争史の中で、欠かすことのできない一部分であると、ますます重視されるようになっている」と論じた。9月2日の戦勝記念日を前に、反日感情の高まりを抑制する意図の可能性がある。

 日本では8月15日が「終戦記念日」と呼ばれるが、国際的にはむしろ、東京湾に停泊する米戦艦ミズーリで大日本帝国全権代表が降伏文書に署名した9月2日を「戦勝記念日」として重視している。中国でも同日前後には「抗日戦争」の話題が多くなるが、“反日感情”の盛り上がりは現政権の方針にそぐわないことになる。

 新華社は、(共産党軍である)八路軍に初めて日本人が加わったのは1939年1月2日で、捕虜になった日本兵3人だったと説明。「私が八路軍に参加したのは、教育を通じて日本軍の野蛮な行為を自ら目にしただけでなく、捕虜になって以来、八路軍が人道主義にもとづき心をこめて扱い、八路軍の本質が他の軍隊とは違うということを、感じざるをえなかったからだ」などの言葉も紹介した。

 その後、革命運動家の日本人も八路軍に加わるようになり、日本人による反戦連盟も結成された。彼らは、日本軍将兵に対する反戦宣伝や、生産活動、軍事技術の伝授、衛生、教育で貢献したという。論説は、当時、反戦連盟に加わった日本人の「私は祖国である日本を愛している。中国も愛している。平和も愛している。反戦兵士は売国奴と言えるのか?」との言葉も紹介した。
サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年8月31日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。