え、日本人は「味千ラーメン」を知らないの? ―中国メディア

 日本風のとんこつラーメン店として中国国内で大人気を博すも、昨今スープに対する疑惑で世間を騒がせている「味千ラーメン」。新民網は味千ラーメンが日本国内ではあまり有名でないとする記事を掲載した。

 中国で500以上の店舗を構える味千ラーメンの売りは「1杯で牛乳4倍のカルシウム」というとんこつスープだった。しかし先日、スープが各店舗で煮出していない「濃縮還元」であったことが発覚するとともに、カルシウム含有量にも偽りがあったことがメディアに暴露された。そこで日本の味千ラーメンはどうなのかと調べたところ、実は中国ほど有名ではないことが分かったようだ。

 1968年に台湾人が熊本ラーメンと中華料理の味を融合して創業した日本の味千ラーメンは2010年10月現在で100店舗あまり、しかもほとんどが熊本県内にあり東京にはわずか1店舗しかないことを紹介。1万人の従業員を抱える大企業となった中国での発展状況と比べ、「味千は海外市場で成功した日本の飲食チェーン」とした。

 中国の味千ラーメンは、日本の味千ラーメンこと重光産業から経営権を譲り受けた代理企業が経営。日本とはメニューが大きく異なり、ラーメン以外の日本料理も提供している。しかし、自慢のスープは同じものをベースにするなど、日本の本部から技術支援を受けているという。

 中国国内の「濃縮スープ」騒動について日本本部の関係者は「一般的なやり方」と語る一方、誇大宣伝については「日本本部の管轄外、代理企業が自分でやったこと」とコメントした。(編集担当:柳川俊之)

【関連記事・情報】
「濃縮還元スープ、栄養表記虚偽」味千ラーメンに批判集中―中国(2011/07/26)
味千ラーメンの謎―中国の味千ラーメンはいったい何屋なのか(2011/04/27)
上海市民が認識している上海の日系外食店は?あのうどん店が健闘(2011/04/04)
本当に美味しいの? 中国で大人気の日本式『味千ラーメン』(2010/05/08)
中国で躍進する味千ラーメン 5年以内に1000店めざす(2010/04/12)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2011年8月1日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。