「くら寿司スタジアム堺」誕生へ、大阪南部で最大規模の野球場、オリックス2軍戦や高校野球に使用

「くら寿司スタジアム堺」誕生へ、大阪南部で最大規模の野球場、オリックス2軍戦や高校野球に使用

「くら寿司スタジアム堺」(イメージ)

回転寿司チェーン「無添くら寿司」を運営するくら寿司株式会社(大阪府堺市、田中邦彦社長)は、2020年4月1日にオープンする「堺市原池公園野球場」のネーミング・ライツ(命名権)を取得、呼称「くら寿司スタジアム堺」とする事を決定した。

施設を保有する堺市と11月20日に合意を交わし、22日に発表したもの。ネーミング・ライツ契約期間は2020年4月から2025年3月まで。両翼100m・中堅122m、内野黒土・外野天然芝で、収容人数は大阪府南部の野球場で最大規模の5000人(内野スタンド席3000人、内外野芝生2000人)。

同球場のオープンにより、これまで大阪府では北部でしか行われなかった夏の高校野球大阪大会予選が大阪府南部でも開催できるようになるほか、プロ野球2軍戦や社会人野球全国大会の予選なども開催可能になる。主な用途は、プロ野球 オリックス・バファローズのファーム公式戦、全国高等学校野球選手権大阪大会、社会人野球全国大会予選大会、大学野球連盟リーグ戦、各種少年野球大会など。年間約8万人の来場を想定する。

くら寿司によると、市民の健康のための環境づくりとして「スポーツタウン・堺」の実現を目指す堺市と、創業当時から四大添加物無添加を掲げ、利用者に安全でおいしいお寿司を提供してきた同社の理念が合致した事が、ネーミング・ライツ取得につながったという。会場周辺では、芝生の広場を新たに整備したり、樹木を植えたりするなど、地域住民の憩いにも活用できる場を創る方針だ。

あわせて読みたい

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月25日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。