「2020ニッポンハムグループ展示会」に新商品126品、“食とスポーツによる健康”提案

「2020ニッポンハムグループ展示会」に新商品126品、“食とスポーツによる健康”提案

特設ブースで代替肉製品などの展示も

〈2025年を見据えた5つの食テーマ提案も〉
日本ハムは1月16日、千葉市美浜区の幕張メッセ国際展示場で「2020ニッポンハムグループ展示会」を開いた。東京会場は1月18日まで(最終日は特別来場日)、大阪会場は1月23~25日(同)に京セラドーム大阪で開かれる。今回はコンシューマ新商品70品、業務用新商品56品の合計126品が出展され、両会場で合計1万4,500人の来場を見込んでいる(前年実績1万4,407人)。

会場は多様なライフスタイルに合わせた各種提案が行われており、企業メッセージゾーンでは、社会的課題となっている高齢者の健康社会の実現に向けて、食とスポーツを通じたニッポンハムグループの各種取組みを紹介している。とくに、流通事業者との協業展開として、精肉商品のパッケージに1日に必要なたんぱく質量や栄養成分を表示するほか、啓発パネルを設置するなど、“元気で長生きのための食事を選びやすい売り場づくり”を提案した。
「2020ニッポンハムグループ展示会」に新商品126品、“食とスポーツによる健康”提案

“元気で長生きのための食事を選びやすい売り場づくり”を提案

未来志向の食の変化を分析する「フードスタイルラボ」では、2025年に向けて市場が伸びると見込まれる5つの食卓テーマを掲げ、それに合わせた商品を提案している。このうち、「運動した日のたんぱく質を多めにとることを意識した夕食」では、「麦小町」「桜姫」といったブランドミートや糖質ゼロシリーズ、「蒲焼鶏」などを使ったメニューを紹介した。「買い物に行けない日のストック食材でまかなう夕食」では、昨年発売した「ストックポーク」や「中華名菜シリーズ」、新商品の「袋のままできるオムライス」などを紹介した。さらに、スマホなど「ながら食べし易いもので済ませる昼食」として、新商品「Healthy Kichen ZERO 糖質0 チキンスティック」や「ワンレンシリーズ」などワンハンド商品を展示した。
 
特設ブースでは、「食の未来ゾーン」として、大豆たんぱくやこんにゃくなどを使用した代替肉の「ナチュミート」と、インバウンドや海外でのグルテンフリーの需要に対応した米粉パンシリーズを展示、今後の海外への輸出も視野にGFCOグルテンフリー認証取得を申請しているという。


あわせて読みたい

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月17日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。