〈令和2年7月の需給展望 牛肉〉動向は外食需要の戻り次第、新型コロナの動向も懸念

〈令和2年7月の需給展望 牛肉〉動向は外食需要の戻り次第、新型コロナの動向も懸念
〈和牛・ホルスの焼き材は堅調、枝相場も小確りの展開予想〉
新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言が5月25日に解除され、6月19日には県境をまたぐ移動制限も解除となり、大きな打撃を受けていた外食需要が徐々に戻りつつある。

牛肉も外食店の営業再開に伴って在庫の補充買いの動きがみられ、枝肉相場(東京市場)も6月後半になって和牛中心に緩やかに上昇、月間平均相場は和牛去勢のA5で2,303円(前年同月比467円安)と前月から67円上昇、同A3で1,671円(同564円安)と53円値上がりした。ただ、交雑種は和牛の相場安の影響で需要が低迷し、去勢B3が1,200円(449円安)で83円下落、B2で1,044円(497円安)で93円も値下がりするなど、対照的な展開となった。

7月は基本的に梅雨で需要が低迷する時期だが、外食需要が戻りつつあることや4連休が控えているため、例年のパターンとは違った展開が予想される。ただ、コロナ対策やインバウンド需要がないため外食需要も戻り切れず、また民間のボーナス減額など景気悪化や、学校の夏休み入りの短縮など需要喚起につながる要素が少ないのも事実。

しかも、このところの新型コロナの感染者数の増加による、外食や行楽地への消費マインドの低下も懸念される。現状では先行き不安要素が多く、枝肉相場は和牛を中心に前月からわずかな値上がりに止まる、小確りとした展開となりそうだ。

〈供給見通し〉

あわせて読みたい

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月3日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。