外食店に広がるロボット活用、調理・運搬・接客も 幸楽苑が“ラーメン業界初”の配膳ロボット「K-1号」導入試験

外食店に広がるロボット活用、調理・運搬・接客も 幸楽苑が“ラーメン業界初”の配膳ロボット「K-1号」導入試験
       

幸楽苑の配膳ロボット「K-1号」

幸楽苑ホールディングスは8月27日から、同社が運営するラーメン店「幸楽苑 本宮店」(福島県本宮市)で、AIを活用した非接触型の自動配膳ロボット「K-1号」(ケー・イチゴウ)導入の実証実験を開始する。

新型コロナウイルス感染症の予防対策や人手不足解消を目的とするもの。非接触型の配膳を自動化し、店舗スタッフの負担を軽減することでサービス中心の働き方へシフトすることを図る。ロボットにはセンサーを搭載し、人や物にぶつからず安全に走行できる。音声案内も可能で、エンターテイメント性も兼ね備えているという。

配膳ロボット「K-1号」利用の流れは、利用客がテーブルに設置してあるタブレットで料理を注文後、店舗スタッフが注文内容を確認。出来上がった料理をロボットのトレーに乗せ、タッチパネルで移動を指示することで、席まで料理を運ぶ。利用客が料理を受け取った後、ロボットの音声案内にしたがい、頭のセンサー部分に手をかざすとロボットは厨房に戻る。

幸楽苑ホールディングスは、「“ロボット従業員”K-1号との交流やコミュニケーションの体験をお楽しみください」としている。

なお、外食チェーンでテクノロジーを活用した料理の自動運搬の例には、ロイヤルホールディングスが運営する「GATHERING TABLE PANTRY(ギャザリングテーブルパントリー)馬喰町店」(東京都千代田区、東京ミッドタウン日比谷内)の自動輸送機(

あわせて読みたい

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月22日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。