ニチレイフーズ “炒めてきた時間は、誰にも負けない。”「本格炒め炒飯」発売20周年、冷凍炒飯に正面から向き合う〈ブランドの創りかた〉

記事まとめ

ニチレイフーズ “炒めてきた時間は、誰にも負けない。”「本格炒め炒飯」発売20周年、冷凍炒飯に正面から向き合う〈ブランドの創りかた〉
拡大する(全2枚)

ニチレイフーズ「本格炒め炒飯」

“炒めてきた時間は、誰にも負けない。”――ニチレイフーズの看板商品「本格炒め炒飯」が2021年で発売20周年を迎えた。冷凍炒飯カテゴリーでは20年連続売上げナンバー1を達成している。発売初年度から売上げ40億円を達成し、2017年には100億円を突破。冷凍食品業界で確固たる地位を築いた今も、さらなる売上げ成長を目指している。

〈関連記事〉ニチレイフーズ「にんにく炒飯」「サクッと衣のメンチカツ」など発売、1人前・大盛に対応/2021夏季新商品

冒頭の言葉は発売20周年広告に使用しているキャッチフレーズで、冷凍炒飯に正面から向き合ってきた自負が表れている。

冷凍炒飯に炒める工程を始めて導入したのが「本格炒め炒飯」だ。それまでの冷凍炒飯はご飯に調味料と具材を混ぜ込んだだけの、いわば中華風混ぜご飯だった。

「加工食品の中には手作りとのギャップがあるものはたくさんあるが、そのギャップに向き合い、本質に近づくことができれば、生活者に響く。当社は冷凍技術でその実現を目指している」(城戸俊治家庭用商品グループリーダー)

当時冷凍食品には大幅割り引き販売や、コモディティ化による価格競争が横行していた。これらを脱却するために品質を高めて商品本来の価値を認めて頂こうという機運が、開発部門に高まっていたという状況もあった。

開発に当たって、より本質的、本格的な品質を目指し、油の量や、火力、具材を入れるタイミングなどプロの技を忠実に再現することを目指した。

この記事の画像

「ニチレイフーズ “炒めてきた時間は、誰にも負けない。”「本格炒め炒飯」発売20周年、冷凍炒飯に正面から向き合う〈ブランドの創りかた〉」の画像1 「ニチレイフーズ “炒めてきた時間は、誰にも負けない。”「本格炒め炒飯」発売20周年、冷凍炒飯に正面から向き合う〈ブランドの創りかた〉」の画像2

当時の記事を読む

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク