ミニストップ「チョコミントバー」発売、チョコ量20%増、ミント感もアップ
拡大する(全3枚)
ミニストップ「チョコミントバー」

ミニストップ「チョコミントバー」

ミニストップは5月24日、オリジナルアイス「チョコミントバー」を発売した。

チョココーチングに、クレープ生地を薄く焼いて細かくした“フィアンティーヌ”を混ぜ込み、サクサク食感が楽しめるアイスバー。2021年に発売した同社従来品に比べ混ぜ込みチョコを20%増量。ミント感を損なわないよう、ミント感もアップさせた。本体価格140円(税込151.20円)。

【関連記事】ミニストップ限定「サンリオキャラクターズ」グラスデザート発売、チョコブラウニーと紅茶ブラウニー、マイメロディ・ポチャッコやハローキティなどデザイン

コンビニではファミリーマートも5月24日にチョコミントフレーバーのアイス「グリコ ぎっしり満足! チョコミントクッキーサンド」(税込178円)を発売しており、セブンイレブンでは5月上旬から「7プレミアム チョコミントバーマルチ」(税込257.04円)を順次発売。

【5月24日発売】ファミマ限定アイス「チョコミントクッキーサンド」発売、練り込みチョコ×縦入れチョコ、パリパリ&カリッと食感/ファミリーマート
ミニストップ「チョコミントバー」発売、チョコ量20%増、ミント感もアップ
ファミリーマート限定「グリコ ぎっしり満足! チョコミントクッキーサンド」

ファミリーマート限定「グリコ ぎっしり満足! チョコミントクッキーサンド」

ミニストップ「チョコミントバー」発売、チョコ量20%増、ミント感もアップ
「7プレミアム チョコミントバーマルチ」

「7プレミアム チョコミントバーマルチ」

 
【関連記事】サーティワン第2回フレーバー総選挙1位にチョコミント、“チョコミン党”ブームが定着か
 
今年5月に発表されたサーティワンアイスクリームの2022年「フレーバー総選挙」では「チョコレートミント」が1位を獲得しており、近年のブーム化以降、アイス市場でのチョコミントの存在感は増している。2022年の夏も“チョコミン党”にとってうれしい季節となりそうだ。

この記事の画像

「ミニストップ「チョコミントバー」発売、チョコ量20%増、ミント感もアップ」の画像1 「ミニストップ「チョコミントバー」発売、チョコ量20%増、ミント感もアップ」の画像2 「ミニストップ「チョコミントバー」発売、チョコ量20%増、ミント感もアップ」の画像3