「Beyond Next Ventures」が見る日本と世界の差

「Beyond Next Ventures」が見る日本と世界の差
拡大する(全7枚)

ネット系スタートアップへの投資額が年々増えている一方で、まだまだ投資が足りないと言われる技術系スタートアップ。創薬や新素材、ロボットなど、大学での研究成果を社会実装するためのスタートアップだ。

そんな技術系スタートアップに特化したVCとして、注目を浴びているのがBeyond Next Ventures(以下、BNV)。2014年に設立された独立系VCでありながら、既に2号ファンドを立ち上げ、インドのインキュベーターとも提携するなど、今波に乗っているVCだ。

今回はBNVの代表である伊藤毅氏に、技術系スタートアップの可能性や、BNVならではスタートアップ支援について話を伺った。

経営者と同じ目線で支援するために、自らファンドを設立

「Beyond Next Ventures」が見る日本と世界の差
■伊藤毅(いとう・つよし)
東京工業大学大学院 理工学研究科化学工学専攻修了。2003年4月ジャフコ入社。2008年 産学連携投資グループ責任者。大学発技術シーズの事業化支援・投資活動に関して多数の実績と経験。2014年8月Beyond Next Ventures 株式会社創業、代表取締役社長就任。
主な投資実績に、CYBERDYNE、ダブル・スコープ、ティーケーピー、Spiber、アスタミューゼ、クオンタムバイオシステムズ、サイフューズ、マイクロ波化学、キュア・アップ、リバーフィールドなどがある。前職である、日本最大級のVCのジャフコを退職し、ゼロからBNVを立ち上げた伊藤氏。技術系スタートアップを支援するのであれば、大学VCとして立ち上げる道もあったはず。独立系VCとしてファンドを設立した経緯にはどのようなこだわりがあったのだろうか。

この記事の画像

「「Beyond Next Ventures」が見る日本と世界の差」の画像1 「「Beyond Next Ventures」が見る日本と世界の差」の画像2 「「Beyond Next Ventures」が見る日本と世界の差」の画像3 「「Beyond Next Ventures」が見る日本と世界の差」の画像4
「「Beyond Next Ventures」が見る日本と世界の差」の画像5 「「Beyond Next Ventures」が見る日本と世界の差」の画像6 「「Beyond Next Ventures」が見る日本と世界の差」の画像7

当時の記事を読む

STARTUP DBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク