リモート副業×東京で秘書!長野ではまちづくりに参加 私のクラシゴト改革1
拡大する(全8枚)

新型コロナウイルスで社会の在り様が大きく変化した現在、新たな働き方が注目されている。都市部で働く人材が、地方企業の仕事にも関わる新しい働き方「ふるさと副業」もそのひとつ。
今回は東京で会社員として働きつつ、長野県塩尻市で外部ブレーンを務める千葉憲子さんにインタビュー。経緯や仕事内容、さらに二児のママとして実感など、あれこれお話を伺った。

連載名:私のクラシゴト改革
テレワークや副業の普及など働き方の変化により、「暮らし」や「働き方(仕事)」を柔軟に変え、より豊かな生き方を選ぶ人が増えています。職場へのアクセスの良さではなく趣味や社会活動など、自分のやりたいことにあわせて住む場所や仕事を選んだり、時間の使い方を変えたりなど、無理せず自分らしい選択。今私たちはそれを「クラシゴト改革」と名付けました。この連載では、クラシゴト改革の実践者をご紹介します。ふるさと副業を考えたのは、働き方自由な会社だったから
リモート副業×東京で秘書!長野ではまちづくりに参加 私のクラシゴト改革1

新卒で入社したのは大手メーカーのグループ商社。国内海外転勤、出張が当たり前の世界で、出産、育休を経て復帰したものの、時間=会社への貢献度になってしまうことに疑問を抱き、転職。「前職とガイアックスとではカルチャーがまったく違うので最初は驚きました」。現在は社長秘書の業務とともに、オンラインコミュニティの運営など、社内でも兼業している(写真撮影/スーモジャーナル編集部)

千葉さんは、東京都のIT企業「ガイアックス」の社長室で働きつつ、今年の5月より長野県塩尻市と業務委託を結び、地域課題の解決に取り組んでいる。それは、塩尻市が推進する「MEGURUプロジェクト」の一環で、副業限定の地域外のプロフェッショナル人材が地方と協働で地域の課題に取り組んでいくというもの。その中で、千葉さんはCCO(Chief Communication Officer)に就任。地域外の人と塩尻をつなぎ、関係人口を拡大していくミッションのもと、さまざまな企画立案やイベントを仕掛けている。
本業、副業ともに、「〇時~〇時まで働く」という取り決めはなく、基本成果主義。主に塩尻の業務は週末や夜などにすることが多いが、その境界線はあいまいだ。それができるのも、本業も副業も、業務はほぼリモートだから。東京で塩尻の仕事、塩尻で東京の仕事をすることもある。


この記事の画像

「リモート副業×東京で秘書!長野ではまちづくりに参加 私のクラシゴト改革1」の画像1 「リモート副業×東京で秘書!長野ではまちづくりに参加 私のクラシゴト改革1」の画像2 「リモート副業×東京で秘書!長野ではまちづくりに参加 私のクラシゴト改革1」の画像3 「リモート副業×東京で秘書!長野ではまちづくりに参加 私のクラシゴト改革1」の画像4
「リモート副業×東京で秘書!長野ではまちづくりに参加 私のクラシゴト改革1」の画像5 「リモート副業×東京で秘書!長野ではまちづくりに参加 私のクラシゴト改革1」の画像6 「リモート副業×東京で秘書!長野ではまちづくりに参加 私のクラシゴト改革1」の画像7 「リモート副業×東京で秘書!長野ではまちづくりに参加 私のクラシゴト改革1」の画像8