西千葉ではDIYが日常?「工作室」を図書館のように街中に

西千葉ではDIYが日常?「工作室」を図書館のように街中に
拡大する(全12枚)

総武線西千葉駅から徒歩10分、一戸建て中心の住宅街のこぢんまりとした3階建てビル1階にある「西千葉工作室」。ここは、ものづくりのためのスペースと道具をシェアする場所で、西千葉を拠点に地域活性を行う企業が6年前から運営しているもの。 “ものづくり×地域活性”について、店長の高橋鈴佳さんにお話を伺った。

モノづくりの必要な場所と道具をシェアする「まちの工作室」

西千葉工作室のコンセプトは、「生活に根ざすものづくり」にチャレンジする、まちの工作室。例えば、「壊れてしまったから直そう」「今あるものを自分好みにつくりかえてみよう」「こんなものがほしいからつくろう」という生活に根差したニーズに合わせて、スペースを提供、工具類の貸し出しもしている。必要とあらば、専門知識のあるスタッフのアドバイスを受けることもできる。

西千葉ではDIYが日常?「工作室」を図書館のように街中に

料金は2時間までは500円(大人会員)、1カ月フリーパスは5000円だ。レーザー加工機、3Dプリンターなどの専門機材も10分単位で利用可能(有料)(写真提供/西千葉工作室)

基本的にはスペースを貸し出し、各自個人で作業をするが、ワークショップなどのイベントも行う。夏には子どもの自由研究向けの相談室を開催、2・3月には入園グッズを作成するママたちの姿が多い。自分でデザインしたものを3Dプリンターを使って形にする人もいる。

西千葉ではDIYが日常?「工作室」を図書館のように街中に

イベント「家電をなおす会」でスタッフに聞きながらオイルヒーターを直すお客さん(写真提供/西千葉工作室)


この記事の画像

「西千葉ではDIYが日常?「工作室」を図書館のように街中に」の画像1 「西千葉ではDIYが日常?「工作室」を図書館のように街中に」の画像2 「西千葉ではDIYが日常?「工作室」を図書館のように街中に」の画像3 「西千葉ではDIYが日常?「工作室」を図書館のように街中に」の画像4
「西千葉ではDIYが日常?「工作室」を図書館のように街中に」の画像5 「西千葉ではDIYが日常?「工作室」を図書館のように街中に」の画像6 「西千葉ではDIYが日常?「工作室」を図書館のように街中に」の画像7 「西千葉ではDIYが日常?「工作室」を図書館のように街中に」の画像8
「西千葉ではDIYが日常?「工作室」を図書館のように街中に」の画像9 「西千葉ではDIYが日常?「工作室」を図書館のように街中に」の画像10 「西千葉ではDIYが日常?「工作室」を図書館のように街中に」の画像11 「西千葉ではDIYが日常?「工作室」を図書館のように街中に」の画像12

あわせて読みたい

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月16日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。