イマドキ仮設住宅は快適?移動式コンテナや木造住宅が進化

イマドキ仮設住宅は快適?移動式コンテナや木造住宅が進化
拡大する(全12枚)

東日本大震災から10年。その後も日本は多くの災害を経験してきた。避難所生活から新しい暮らしを再建するにあたり、重要な存在となるのが仮設住宅だ。従来プレハブのイメージが強かったが、最近はその形態も多様化してきているそう。
近年多くの災害を経験した熊本県、首都直下型地震に備える東京都、避難所や被災者用住宅に設備を提供しているLIXILの担当者へ話を聞いた。

トラックで移動できるコンテナサイズの住宅「トレーラーハウス」

2016年の地震、2020年の豪雨災害と、近年災害が続いた熊本県。2016年の地震ではプレハブ及び建設型の木造仮設住宅が活用されたが、2020年の豪雨災害では、仮設住宅として初めて球磨村でトレーラーハウスが導入された。

イマドキ仮設住宅は快適?移動式コンテナや木造住宅が進化

球磨村で導入したトレーラーハウス外観(写真提供/熊本県)

トレーラーハウスとは、工場で生産されるコンテナサイズの住宅だ。解体せずに基礎から建物を切り離してトラックで輸送することができる。既に建物としては完成しているため、準備期間を短縮できることが特徴だ。

背景として、被災規模が大きかった球磨村は、賃貸住宅がほとんどない地域だった。高齢者も多く、避難所での生活を長期間強いることは避けたいが、建設型の仮設住宅を建てるとなると1.5~2カ月ほどかかってしまう。
そこで、北海道胆振東部地震等で導入実績があるトレーラーハウスに目を付けた。発災から2週間で発注を決定し、さらにその2週間後には33戸のトレーラーハウスが球磨村に到着。その後追加で35戸が到着し、68世帯が新たな生活を開始した。


この記事の画像

「イマドキ仮設住宅は快適?移動式コンテナや木造住宅が進化」の画像1 「イマドキ仮設住宅は快適?移動式コンテナや木造住宅が進化」の画像2 「イマドキ仮設住宅は快適?移動式コンテナや木造住宅が進化」の画像3 「イマドキ仮設住宅は快適?移動式コンテナや木造住宅が進化」の画像4
「イマドキ仮設住宅は快適?移動式コンテナや木造住宅が進化」の画像5 「イマドキ仮設住宅は快適?移動式コンテナや木造住宅が進化」の画像6 「イマドキ仮設住宅は快適?移動式コンテナや木造住宅が進化」の画像7 「イマドキ仮設住宅は快適?移動式コンテナや木造住宅が進化」の画像8
「イマドキ仮設住宅は快適?移動式コンテナや木造住宅が進化」の画像9 「イマドキ仮設住宅は快適?移動式コンテナや木造住宅が進化」の画像10 「イマドキ仮設住宅は快適?移動式コンテナや木造住宅が進化」の画像11 「イマドキ仮設住宅は快適?移動式コンテナや木造住宅が進化」の画像12

あわせて読みたい

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月5日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。