大きな窓のあるノスタルジックなカフェで“よんな~”できる島時間【宮古島 カフェ ウエスヤ】

大きな窓のあるノスタルジックなカフェで“よんな~”できる島時間【宮古島 カフェ ウエスヤ】

(C)tawawa

美しい宮古島の海を楽しむのもいいけれど、アクティビティばかりでは疲れてしまうもの。そんなときに訪れたい、ゆるやかな島時間が流れる静かなカフェを見つけました! こんな穏やかなひとときを過ごせるのも、宮古島のいいところなんですよね。

歯医者をリノベーションしたインテリア雑誌に出てきそうな空間が素敵

大きな窓のあるノスタルジックなカフェで“よんな~”できる島時間【宮古島 カフェ ウエスヤ】

(C)tawawa

宮古島の中心地、平良の市街地にある「カフェ ウエスヤ」。ランチタイムだけの営業で、夜は予約制になるのですが、沖縄によくある何の変哲もない白いコンクリート住宅の中は、よんな~(ゆっくり)とした穏やかな島時間が流れています。

大きな窓のあるノスタルジックなカフェで“よんな~”できる島時間【宮古島 カフェ ウエスヤ】

(C)tawawa

大きな窓のあるノスタルジックなカフェで“よんな~”できる島時間【宮古島 カフェ ウエスヤ】

(C)tawawa

4年ほど前にカフェとしてオープンした店は、実はもともと、祖父が営んでいた歯医者さん。その建物を利用しながら、ご主人がリノベーションを施したのだとか。そう言われれば、入り口のガラスをはめ込んだ緑の鉄扉は、当時の面影を感じさせるノスタルジックな雰囲気。洗い出しの玄関も素敵で、友達の家に招かれたようなほっこりしたぬくもりに包まれています。

大きな窓のあるノスタルジックなカフェで“よんな~”できる島時間【宮古島 カフェ ウエスヤ】

(C)tawawa

大きな窓のあるノスタルジックなカフェで“よんな~”できる島時間【宮古島 カフェ ウエスヤ】

(C)tawawa
オリジナル

熱帯植物の緑濃い景観を一枚の絵のように眺めるひととき

大きな窓のあるノスタルジックなカフェで“よんな~”できる島時間【宮古島 カフェ ウエスヤ】

(C)tawawa

板張りの床がわたり、白壁と木の家具でまとめられた店内も、待合室や診療室だったころの面影が残り、木の薬箱やガラスの薬瓶がさりげなく置かれ、インテリアの見本にしたいような優しい空間に! 

あわせて読みたい

気になるキーワード

TABIZINEの記事をもっと見る 2019年3月17日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「居酒屋」のニュース

次に読みたい関連記事「居酒屋」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「イタリアン」のニュース

次に読みたい関連記事「イタリアン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「バー」のニュース

次に読みたい関連記事「バー」のニュースをもっと見る

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。