世界も驚く巨大な凧「判じもん」の謎!絵と漢字で描かれたメッセージが読めますか?【滋賀県東近江市】

世界も驚く巨大な凧「判じもん」の謎!絵と漢字で描かれたメッセージが読めますか?【滋賀県東近江市】
       
びわ湖の東に位置する滋賀県東近江市には、江戸後期から暗号解読風に読んで楽しむ大凧があります。約100畳もある土地の伝統大凧や、国内外の凧を紹介する凧博物館に行って、初めて「判じもん」が描かれたナゾ解き凧の存在を知りました。日本ってまだ知らない江戸カルチャーがいっぱいですよ!
世界も驚く巨大な凧「判じもん」の謎!絵と漢字で描かれたメ...の画像はこちら >>

東近江の大凧が生まれたワケ
世界も驚く巨大な凧「判じもん」の謎!絵と漢字で描かれたメッセージが読めますか?【滋賀県東近江市】

東近江市が誇る「世界凧博物館・東近江大凧会館」。館内へ入ると正面には壁一面の巨大凧が!タテ13m、ヨコ12m。江戸時代から作られていた大凧です。

世界も驚く巨大な凧「判じもん」の謎!絵と漢字で描かれたメッセージが読めますか?【滋賀県東近江市】

なぜこんな大凧を作るようになったのか。博物館の学芸員・鳥居さんによると「近江人の負けん気」気質によるものだそう。東近江はびわ湖からの風がよく吹き、大凧を揚げるのに適した広い野原がありました。その野原に面した3つの村が、凧の大きさを競い合い、隣村が畳2畳の凧を揚げれば、うちはもっと大きな凧を!とエスカレートして、江戸時代の終わり1841年頃には、すでに100畳ほどの凧が揚げられていたそうです。もっとも大きな凧は明治15年(1882年)のもので、畳にして約240畳、約20m四方の大きさがあったのではといわれています。上の写真は2階に展示している全国の凧です。
フランス人も驚愕した東近江独自の凧づくり
東近江大凧の特徴は下記の3つ。
1. 風抜きの穴がある切り抜き工法
2. 枠組みの丸い竹を取り外し、丸めて筒状にして持ち運びができる長巻き工法
3. 絵柄は、上に動物や魚、下は漢字ひと文字が描かれる判じもん

当時の記事を読む

TABIZINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月17日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。