フランス人女優ながら、『デブラ・ウィンガーを探して』や『ミッション:インポッシブル』など、ハリウッドでも活躍してきたエマニュエル・ベアール。コケティッシュな顔立ちはそのままだが、すでに48歳になっていた。ただし彼女の人気の秘訣でもあった「ふっくら唇」、それは整形の賜物であったようだ。

トム・クルーズとの共演で、32歳の時に撮影されたのが『ミッション:インポッシブル』。その華である“クレア”を演じたベアールの大きな瞳と小さな鼻、ぽったりと厚い唇ながらも小さな口元は、女性の全ての願望を組み込んだような理想の美貌。男性たちはすっかり彼女の虜になってしまった。アンジェリーナ・ジョリーのトレードマークのように言われている「ふっくら唇」だが、以前はこのベアールの唇に人気が集まっていたのだ。

そんなベアールがこのほど『ル・モンド』紙とのインタビューで、自分の唇は整形による人工的なもの、しかも“失敗作”であったことを明らかにした。女優デビューした4年後の27歳にその手術を受けたそうだが、当時はまだ医師の腕が熟練していなかったのか、さんざんな仕上がりに後悔してしまったという。

「自分のボディパーツをちょっといじってもらって、その出来に満足ならやり直す必要なんて無いわ。でもすごく雑な施術だったのか、私の唇はぶざまに変形しただけ。到底我慢できるものではなかったのよ。」

美容整形に関し、彼女はそれまで長いこと「したい。しなくては。した方がいい」などと、半ば取りつかれたかのように自問自答を繰り返していたそうだ。だが、その唇の仕上がりに対するショックと続いての「やり直し」を経て、結果をハッキリと予想出来ない美容整形への嫌悪感が生まれ、以後は完全に興味を失ってしまったという。