金正恩氏「喜び組」復活 新メンバーをリクルート(北朝鮮)

北朝鮮の金正恩第1書記が、父である金正日氏が健在であったころに組織された女子のエンターテインメント集団「喜び組(正式には喜ばせ組)」を極秘に復活させ、そのメンバーを積極的に集めていると『news.com.au』が報じている。

喜び組とは何なのか? 2010年脱北に成功した女性は、金正日氏の喜び組の一員として仕えた2年間についてこう語っている。

「私が15歳の時、学校に軍の制服をきた2人の男がやってきて、私は喜び組の候補として様々な質問を受けました。家族構成や病歴などが細かくチェックされ、ガイドラインをクリアしたものだけがメンバーになれるのです。身長165センチ以下、ソフトな声の持ち主で体に傷がないこと、そして何よりも処女であることが絶対条件でした。選ばれた女性はその後、マッサージや歌、ダンスの訓練のため各地に派遣され逃げ出すものは容赦なく処刑されました。」

この女性はまだ学生だったため金正日氏と性的関係を持つことはなかったが、もう少し年齢がいっていたらそういったこともあっただろうと述べている。喜び組のメンバーは22歳から25歳になるとその仕事を解放され、エリート組の花嫁として迎えられていたようだ。

北朝鮮の暴露本を出版し、後に殺害された金正日氏の甥の李一男(イ・イルナム)氏はその著書で「喜び組メンバーと側近の中から選ばれた40名ほどが参加できるパーティが開かれ、それは夜中まで続きました。酒がすすむと金正日氏は過激なゲームを好み、ゲームに負けたものは男であろうと女であろうと服を1枚ずつ脱いでいくのです。さらに酔いが回ると、男は頭を女は陰毛をそる罰ゲームを楽しんでいました。金正日氏の機嫌が良い日にはそれが性的なパーティになるのです」と述べていた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

金正恩のプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「金正恩」に関する記事

「金正恩」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「金正恩」の記事

次に読みたい「金正恩」の記事をもっと見る

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク