ネコに引っ掻かれた女性、感染症で死の淵をさまよう(英)

ネコに引っ掻かれた女性、感染症で死の淵をさまよう(英)
飼いネコ(左)に引っ掻かれ死の淵をさまよった女性(画像は『Metro 2019年11月3日付「Woman, 65, left in coma after her ‘spiteful’ Siamese cat scratched her」(Picture: Shirley Hair/SWNS)』のスクリーンショット)
イギリスでガーデニングの最中に飼いネコに引っ掻かれた60代の女性が細菌感染症に罹り、傷口の部分から皮膚組織が壊死する壊死性筋膜炎で死の淵をさまよった。女性はこれまでに8回以上の手術を受けており、このたび英メディア『The Sun』『Metro』などに自らの経験を語った。

サウスグロスターシャーのウィンターボーンに暮らすシャーリー・ヘアーさん(65)は4月8日、ガーデニングをしている最中に飼いネコの‟チャン”に右手の甲を引っ掻かれた。その後しばらくしてめまいや食欲不振、筋肉痛に襲われたシャーリーさんだったが、質の悪い風邪でも引いたのだと思ってそれほど気にも留めなかった。

しかし3日後、チャンに引っ掻かれた部分が急激に真っ赤に腫れ上がり、発疹が腕にまで広がった。嫌な予感がしてブリストル市のソウスミード病院へと足を運んだシャーリーさんは検査の結果、細菌感染症による敗血症、敗血症ショック、臓器不全、肺炎、そして皮膚の深部で壊死が広がる壊死性筋膜炎を患っていると診断された。壊死性筋膜炎は切創、外傷、熱傷などを契機に発症して急速に進⾏し、適切な治療が⾏われなければ致死的となる重症感染症である。

容態が急速に悪化したシャーリーさんに、医師らは壊死した組織を取り除く緊急手術を行った後、薬による昏睡状態に5日間おいて回復を待った。シャーリーさんには18日にも壊死部分を取り除く手術が行われたが、その後2度の心臓発作を起こし、再び昏睡状態に置かれた。家族は医師から「最悪の事態も覚悟するように」と言われたが、シャーリーさんはなんとか持ち直した。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年11月4日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。