17歳男子生徒との性行為で起訴された女教師、夫を射殺した後に自殺(米)

17歳男子生徒との性行為で起訴された女教師、夫を射殺した後に自殺(米)
17歳男子生徒と男女の関係があった63歳教師(画像は『New York Post 2019年11月6日付「Teacher accused of sex with student 46 years her junior found dead」(MCSO)』のスクリーンショット)
このほどアメリカで、63歳の女教師が17歳の男子生徒と男女の関係にあったことから起訴された。しかし女教師は1週間後、夫を道連れにして命を絶ってしまった。『New York Post』『PEOPLE.com』『Heavy.com』などが伝えている。

米ノースカロライナ州ハンターズビルのある住居に今月6日の午前8時頃、通報を受けた警察官が駆けつけたが、住人であるマイケル・オグルさん(Michael Ogle、59)と彼の妻の遺体を発見した。実は妻のエマ(Emma、63)は、先月31日に17歳の少年に対しての性的違法行為で起訴されていた。

エマはシャーロットにあるガーリンガー高校で保健医療を教える教師という立場にありながら、今年の春頃から同校の男子生徒(17歳)と付き合いはじめ、夏頃には男女の関係になったという。しかし男子生徒が同校の他の教師にエマとの関係を明かしたことで、エマは不自然な交際から生徒と性行為に至ったとして強制わいせつ罪で逮捕された。

逮捕後、刑務所に拘留されていたエマは、保釈金1万ドル(約109万円)を払い今月2日に身柄を解放されていたが、数日後にマイケルさんとエマが変わり果てた姿で発見されることとなってしまったのだ。その後の警察の調べにより、遺体が見つかった日の前日の夜にエマは拳銃でマイケルさんを射殺していたことが分かった。

翌朝の6日にマイケルさんが営む会社で出勤もなく連絡が取れなかったことから心配した家族が自宅を訪れたところ、銃を持ったエマが立てこもっていた。家族はすぐに警察に通報したが、エマは警察が来る前に銃で自らを撃ち、命を絶ってしまった。遺体を発見した警察官によると、夫婦どちらも頭に銃弾を受けた痕跡があったという。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月13日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。