キリオス&コキナキス、第3シード破り決勝進出! 決勝は41年ぶりのオージー対決に[全豪オープン]

キリオス&コキナキス、第3シード破り決勝進出! 決勝は41年ぶりのオージー対決に[全豪オープン]
拡大する(全1枚)
キリオス&コキナキスがストレートで第3シード破り決勝進出

1月27日、全豪オープン11日目、男子ダブルス準決勝が行われ、ワイルドカード(主催者推薦)で出場し、観客を味方につけて快進撃を続けているオーストラリアのニック・キリオス(ダブルス世界ランク259位)/タナシ・コキナキス(同434位)が登場。第3シードのマルセル・グラノイェルス(スペイン/同7位)/ホラシオ・ゼバロス(アルゼンチン/同6位)を7-6(4)、6-4で下し、決勝進出を果たした。

【動画】豪快なスマッシュをグラノイェルスがスーパーショットで返球&キリオス/コキナキス、勝利の瞬間!

今大会、熱狂的なファンの後押しを受け、東京オリンピック金メダリストで第1シードのマテ・パビッチ(クロアチア/同1位)/ニコラ・メクティッチ(クロアチア/同2位)を破る活躍を見せているキリオス/コキナキス。この日もセンターコート、ロッド・レーバー・アリーナに大きな声援を受けて登場する。

開始1ポイント目をロブでウィナーを奪ったキリオスは、観客を煽るポーズ。二人の持ち味であるビッグサーブを生かして順調にサービスキープを続ける。一方、グラノイェルス/ゼバロスもダブルスのスペシャリストとして、巧みなネットプレーを見せ、拮抗した試合に。ブレークポイントのないまま、タイブレークになると、2-2でキリオスのリターンが、前に出てきたグラノイェルスの足元へいき、ミニブレーク。さらにリードを広げ、セットポイントを握ると、6-3ではグラノイェルスのリターンをキリオスが股抜きショット。ミニブレークを許したが、続くポイントを奪って第1セットを先取する。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Tennis Classicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「全豪オープン」に関する記事

「全豪オープン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「全豪オープン」の記事

次に読みたい「全豪オープン」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク