ファン・ダイクとファーディナンドが負けた! プレミア“歴代No.1DF”は……

ファン・ダイクとファーディナンドが負けた! プレミア“歴代No.1DF”は……

マンUのビディッチ photo/Getty Images

英メディアのアンケートでは少し意外な結果が

プレミアリーグ歴代最高のセンターバックは誰なのか。誰もが納得するNo.1を選ぶのは難しいが、英『sky Sports』はSNSでアンケートを実施した。サッカーファンからの投票でNo.1センターバックを選ぼうとの考えだ。

候補者に挙げられたのは、元チェルシーのジョン・テリー、元マンチェスター・シティのヴァンサン・コンパニ、元アーセナルのトニー・アダムス、ソル・キャンベル、元マンチェスター・ユナイテッドのヤープ・スタム、リオ・ファーディナンド、ネマニャ・ビディッチ、リヴァプールのフィルジル・ファン・ダイクの8名だ。

この8名をトーナメント方式で1対1のアンケートを取っていき、多くの票を獲得した方がベスト4に残る。ベスト4でも同じく1対1のアンケートを取り、獲得した票が多かった方が決勝へ。この形でNo.1DFを決めていこうとの企画だ。

まずファーディナンドはキャンベルに大差をつけて勝利し、ファン・ダイクはアダムスに2%差で勝利。コンパニはスタム相手に52%の票を獲得してベスト4へ進出。ビディッチはテリーに勝利した。

面白いのはここからだ。アンケート準決勝ではファン・ダイクVSコンパニ、ビディッチVSファーディナンドの組み合わせとなったのだが、ファン・ダイクはコンパニ相手に51%の票を獲得して何とか勝利。注目はマンUのレジェンド同士の戦いとなったもう1つのカードだが、何とビディッチが57%もの票を獲得してファーディナンドを撃破したのだ。先輩ファーディナンドよりもビディッチの方が評価は上だったということになる。

そして迎えたアンケート決勝。ビディッチは勢いそのままにファン・ダイク相手に55%の票を獲得し、見事プレミアリーグ歴代No.1センターバックに選ばれた。ビディッチはプレミアリーグを5回制し、PFA年間ベストイレブンにも3回選ばれている。実績は十分だが、この顔ぶれで1位に選ばれるのは少々意外だったかもしれない。

ファン・ダイクにはバロンドール受賞の可能性もあると言われており、そうなれば順位は変わってくるかもしれない。ただ、まずはプレミアリーグのタイトルを獲得しなければ歴代No.1にはなれないだろう。それがレジェンドたちとの大きな差だ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

欧州4大リーグの戦いの行方を大予測! いよいよ開幕した各国リーグ戦を100倍楽しめる!!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

あわせて読みたい

気になるキーワード

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る 2019年9月15日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。